昨日10月30日、一般社団法人全国森林レクリエーション協会から、森林インストラクター試験の合格通知が届きました。ってことで、ここは、やっぱ、やったあ! (^O^)/ ですねえ。とりあえず、自分に拍手です!

 あとは、11月16日に東京で開かれる二次試験にパスすれば、晴れて森林インストラクターのバッジをいただくことができます。その二次試験は、樹木の説明やロープワークなど、与えられた選択肢から得意分野を選んでの模擬演技ですが、夏に開かれたあの8日間の養成講習を修了していれば免除され面接だけになりますので、まあ、よほど印象が悪くなければ大丈夫でしょう。

 この資格への挑戦を一念発起したのが今年3月1日。以来、毎朝4時から起きて学習時間を確保、植物学や生態学、林学などの書物を広く読み深めてきました。また、裏山の探索から始めて、仕事などで遠出する機会があるたび図鑑片手にその近所の関係施設に足を延ばし、大阪市立大学理学部付属植物園(大阪府交野市)や森林総研関西支所の樹木園(京都市伏見区)ほかで、実地に樹木を観察し、学んだことを体感で身につけるトレーニングを積み重ねてきました。

 そんなさなかの8月1日に特発性間質性肺炎に罹患していることが判明。動揺するようなことはありませんでしたが、自分に残された時間がどれほどかを測りかねて当惑しました。もし、それが長くないなら、森林の勉強より優先して済ませておかねばならないことが沢山あります。また、せっかく学んでもそれを活かす時間がなければ、こんな勉強なんて無意味ではないか。 と、このあたりはさすがに迷って一時は早朝学習の習慣も中断したのですが、周囲の叱咤激励もあって復帰。一度はキャンセルした8日64時間の養成講習を受講し、美濃漢方診療所で受診するため訪問したシンガポールへも学習資料一式を持参して学習を続けました。→このあたりの経過はこちら

 その結果の合格ですから、さすがに感慨深いものがあります。もともと森林の勉強が目的で、受験はそのための動機付けという考えでしたが、一発合格わずか5%という難関だけに、やはり受かれば素直に嬉しいです。森林インストラクターの資格をとったからといって、それで何をしようって目算も特にはないのですが、とりあえずは森林インストラクターの目でゆっくり森のなかを彷徨し、自然の営みに深く接してみたい。

 そうして、残された自分の人生がこの資格に伴う知識のおかげで少し豊かになり、またその知識が誰かの自然理解の助けになり、また楽しい時間を過ごす役に立つなら、これほど嬉しい事はありません。さらに、手を付け始めた市民参加の森づくりの活動や、過疎山村振興の活動に活かせたらどんなに素晴らしいでしょう。そんな新しく開けた未来の可能性をめざして、まあ、急がず、ぼちぼち自分のペースで歩んでいこうと思います。

 
 
スポンサーサイト
   またご無沙汰をしました。実はいま、和歌山市内のある病院の病室でこのブログを書いています。前のブログを書いてから今日までは、まず9月15日の日曜日に半年間、毎朝4時から起きて頑張ってきた森林インストラクターの試験本番があり、もう、最後の悪あがきというか、自由にできる時間のすべてをこの試験に向けた受験勉強に充てて、ブログまで手が回らなかったというのがひとつ。そしてもうひとつは、間質性肺炎の治療をめぐり病院側といろいろやり取りがあって、いろんな検査もあって、これも結構忙しかったこと。で、やっとモノを書く時間ができたのが今となったのでした。

 森林インストラクター試験は大阪が会場で、和歌山からでも早起きすれば間に合ったのですが、直前まで勉強に集中したかったので試験会場周辺のホテルに前泊。夜遅くまで勉強して、そろそろ明日に備えて寝なければと思いつつ、興奮しているせいか頭が冴えきって眠れず、結局、すこしまどろんだ程度でまた3時前に起きだして最後の最後まで悪あがき続け、翌朝8時半、台風が近づき時折突風が吹き抜ける街を、大阪城を南に見ながら試験会場に向かいました。

 この日受験したのは80人あまり。昨年までに一部合格している人が必要な科目だけ受けては帰るので、会場が満杯になることはありません。4科目計5時間近くの試験は、とにかく長文を書いて回答する設問が主で、例えば林業科目や森林科目の試験は11ページ分あり、そのうち4問4ページ分が300字の長文で解答する問題であり、さらにその他にもある程度の文章で答える問題があります。これは、頭も疲れますが、腕も相当つらい。3科目目の途中で、腕がしびれ、手の平がこむら返りになって困りました。(^_^;)

 かくしてまあ、全科目終わった4時前には脳みそが沸騰状態、腕は無力感でぶらぶら、もう、とことん疲れ切って、しばしぐったりしてしまいました。で、出来ですが、まあ、緊張した結果の「ど忘れ」もあれば、後ではっと気づいた勘違いもあったし、守備の薄いところを鋭く突かれた問題もあって、あまり自信はありません。でもこれが、半年頑張ってきた結果の自分の到達点だと思います。合否はもともと二の次だった勉強で、ここまで集中して頑張って知ったことは、私の人生にとり、ものすごく大きな成果に違いないですから、ここまでこられたことで、満足しようと思います。 ん〜、和歌山に帰って呑んだ最初の一杯のビールが美味かったぁ!!

 で、懸案の試験が終わったので、いよいよ本格的に闘病。というわけで、肺の生検を受けるため、今日、入院したのです。肺生検とは、全身麻酔の上で肺から少し組織をとって、7種類ある間質性肺炎のうち、自分がどのタイプにあたるのか、確定診断を行うための検査です。検査といっても全身麻酔だし、肺周辺に空気が入って体腔内の気圧が上がるため、術後の呼吸困難も必至ということで、その回復の時間を見て最大3週間もかかるのです。明日から、時間があれば、その後の経過をつぶさに書いていきたいと思います。

 

 
 8月17日、森林インストラクター養成講座の最終日を迎えました。いちどはキャンセルした講座でしたが、やはり周囲の皆さんの助言を受けて、思い直して参加してよかったです。講習の中身はもちろんですが、この8日間、家でじっとしていたって、ロクでもないこと考える以外することなかったんじゃないかなって思ったりもするからね。 自分のことを振り返って、「小人閑居して不善をなす」って、昔の人はつくづくいいことを言ったと思うよ。ウダウダ考える間もなく忙しいのはいいことです。

 最終日の講義は、「特用林産物」が2時間、「山村と農林業」「木材の利用」がそれぞれ3時間の計8時間。今日の講師はそろってテキストとは関係ないことを講演する人で、内容は初めて聞く話も多くて興味深かったのだけど、試験対策にはなりませんでした。講師によっては、暗に出題するテーマを示唆してくださる方もおられるんだけどなあ。でもまあ、とにかくすべて終わってよかった。あ、特用林産物って、キノコとか木炭とか薪とか、要するに木材以外に森林で取れて売れるものです。

 講習会場と宿が同じって特権で、初日から最終日まで8日間、会場が開くと同時にほぼトップで入室し、毎回最前列ど真ん中の「指定席」に陣取って、すべての講義を講師に一番近い場所で集中して聴きました。総勢69人の受講生の中で、自分が最も有効に積極的にこの機会を生かしたんじゃないかな。もちろん、それでも試験をパスするのは厳しいでしょうが、合否はともかく、これで自分なりに納得して、このチャレンジを9月15日の試験で終えることができそうです。

 最後に、三浦雄一郎全国森林レクリエーション協会長名で発行された養成講習修了証と、「森林活動ガイド」の証明書とバッジを受領し、全日程を終えました。頂くまで知らなかったのですが、この講習を修了すると、とりあえず「森林活動ガイド」とかの資格が得られるそうです。ん〜、何をする人なのか、よくわかりませんが。(^_^;)

 さて、終電に間に合うかどうか気をもみながら帰るのはイヤなので、もう一晩ここに泊まってゆっくり休み、明日、和歌山に戻ります。この部屋に9泊。いやあ、長かった。同じ場所にこんなに長く続けて泊まったの、初めてだと思うよ。 でも、いくつになっても、初めて体験することがいっぱいあるっていいよね。 ではまたです。



 8月16日、講習7日目、科目は「林業」に入って、講義は「森林の保全(治山・林道)」2時間、「森林の効用」3時間、「森林の育成と管理」3時間の計8時間。コジローにとり森林インストラクターの受験科目のうちで「林業」は得意分野といってよく、今日の講義もほとんどは既知のことばかりでしたが、専門家からこんなにまとまった講義を受けるのは初めてだったので、とても刺激的な一日になりました。

 が、今日は楽天、田中投手の日本記録がかかる試合があったので、ブログよりそちらを優先。講習が午後6時15分に終了するや、そそくさと部屋に戻ってネットのパ・リーグ中継にログインして、今夜の楽天西武戦を購入(これが1試合600円、一ヶ月契約で980円という価格設定、ん〜敵もさるものだよなあ)。それからただちに1階の食堂に降りて、開口一番ビールを注文してPCの中継を呼び出し、モニターにかじりつく。試合はまだ2回の裏だった。

 で、余談だが、この講習受講中、夕食はこの食堂と近所の中華料理屋と、それからちょっと遠征して茗荷谷駅前の居酒屋をグルグルまわるパターン。食堂はここ3日は盆休みだったので、久しぶりだったが、ブッキラボーな亭主と、とびきり愛想のいいおばさんの2人で切り回していて、味も悪くない。今夜はPC持参なので、とにかく近いことが最優先で必然的にこの食堂になった。

 ビールを持ってきたおばさんが飛び切りの笑顔で注文を聞いてくれるので、持ち運びできる小さなホワイトボードの中から注文するのだけど、「悪いね、今日は市場が盆休みでさ〜」ということで、魚関係の料理は皆無。仕方がないので、主菜に「あんかけ焼そば」を注文しようと思ったが、この食堂(に限らず東日本全般か)、朝食でもとにかく量が多くて、小食のコジローなどは平らげるのに難儀する。で、念のため、「量は多いですか?」と注文する前に訊ねたら、おばさん、「お昼の定食は、このそばに一品つけて、ごはんとみそ汁ですけど」とのたまった。

 ・・ってことは、焼そばだけだったらたいしたことないって意味だよねえ。で、楽天大ピンチでの田中の投球を横目に心ここにあらずの状態で「じゃ、それお願い」と「冷や奴」とあわせ注文して、PCに熱中していたら、しばらくしておばさん、「あんかけ焼そば」がこぼれ落ちそうな大きな皿を持ってきてくださって、とびっきりの笑顔と明るい声で、「大盛りにしときましたぁ!」。(^_^;) 

 あ、僕が訊ねたの、そういうフウに受け取ってくださったのね。すんごく複雑な気持ちで、それでも顔だけは笑みをたたえつつ(ここがオトナのフンベツというものなのだ!)大皿を受け取って、それから半時間というもの、胃袋の中にもうビールを入れる余地など全然なくなるまで、ひたすら「あんかけ焼そば」をむさぼり食い続けたのでしたねえ。もちろん、おばさんのご好意に応えるべく、残らずきれいに平らげましたよ。 あ?、味は素晴らしいんですよ。が、あの、量が・・いやあ、とにかく、大変だったぁ。(^_^;)

 なんてこともありつつ、マー君、昨年から破竹の21連勝! プロ野球新記録達成だ! その瞬間を見ただけで、まあネット中継600円も、はち切れそうなおなかも、満足でいっぱいの夜になったのだ。

 という訳で、本日は講習の話はまあ、カット。ただひとつだけ。「森林の効用」について話された只木良也先生は非常に著名な方で、そのご著書を何冊も読んではいるが、今日の講義で話された地球温暖化の国際交渉についての説明で、その舞台をIPCC(気候変動に関する政府間パネル)とされたのは思い違いで、正確にはCOP(国連気候変動枠組条約締約国会議)とすべきところだった。これは結構重要ポイントだが、先生は何度も勘違いのIPCCを板書までされるので、ちょっと困ってしまったが、まあ、だからって、大勢の受講生の前で指摘はしにくいよねえ。この辺りの話なら、先生よりコジローの方が詳しいかもしれない。

 さて、いよいよ明日は最終日。よくここまで頑張ったものだと思う。  ・・けど、それにしても、おなかがはち切れそうに大きい。どうしよう・・・

 

 8月15日、敗戦記念日。講習会は6日目で、「企画の立て方」「ネイチャークラフト」「人を引きつける話法」「山の安全」の4講計8時間。6日目ともなると、林野会館での生活にも慣れてきて、ずっとここに住んでいるような気がしてくる。東京の空気にも慣れた、が、水はやはり頂けない。歯磨きの際のうがいだけでも、鼻の奥に突き抜けるような悪臭に辟易させられる。
 
 部屋には電気ポットが置いてあって、講習が終わって部屋に戻ると必ず満タンの湯が沸いている。初日にその湯でお茶を入れたが、やはり湧かしてもとても飲めた代物ではなかったので、ポットの熱湯を全部捨てて、コンビニで買った「富士山のおいしい水」を沸かし直して茶を飲んだ。(自分の好みとしては富士山より南アルプスの方が良かったんだけど、あ?、単に山の話ね(^o^)v )。しかし、2日目も、3日目も、捨てても捨てても、昼の受講中にルームキーパーが湯を沸かしておいてくれるので、もう面倒だし、エネルギーの無駄遣いにもなるので、コードを抜いてポットは使わないようにした。が、次の日、講習を終えて部屋に戻ってみると、やっぱチンチンに熱湯が沸いてるんだよね。(^_^;)

 さて、「企画の立て方」は基本的には全国地球温暖化防止活動推進センターで受けた研修と同様の内容。実際に企画を立てる演習では、実際にわかやま環境ネットが10月19〜20日に予定している龍神村でのイベントを想定して、企画書を書いてみた。講師曰く「お、行ってみようってタイトルを考えてください」。で、ひねり出したのが「龍神の湯と山で学ぶ市民参加の森づくり」。初日が龍神温泉の「きらり龍神」での座学と交流会(って要するに呑み会)、2日目が伐倒と搬出のトレーニングということでこのタイトルなのだが、「お、行ってみよう」と思ってもらえるかなあ。

 2時限目のネイチャークラフトは、実際に小学生でもできる程度の工作をいくつかやってみるのだが、これが発見に満ちていて実に楽しい。子ども相手のクラフトなんて・・と、多少なめた気分も実のところあったのだが、風散布種子のいくつかを模倣した工作など、作るのは簡単だが、作った種の模型が空中を優雅に舞う姿には、心底感動した。そうか、松の種子はこうして広がるのか、ラワンやニワウルシ(シンジュ)は、と、それぞれ独自の進化を遂げた植物の生活史戦略の巧みさに改めて気がつき、驚異の念に打たれる。これは、どこかで実演したいと思った。そうそう、ドングリの殻斗(かくと=お皿の部分)で鋭い音を出す笛ができるのだが、これがどうしても講師のように音が出ない。和歌山に帰り着くまでには何とかしたいと思うが。

 「山の安全」の講師は日本の女性登山家の草分けである小倉薫子(のぶこ)さん。平均年齢76歳の女性パーティを率いてブータンに行ってきたところというが、なにしろ、最初の著作を出したのが1961年というから、その登山歴たるや恐るべきものだ。当時、小倉さん28歳、コジローなんてまだ9歳だぞ。(^_^;) というわけで、小倉サン、試験と関係あるのかないのか、テキストは読まず、あちこち飛びまくる四方山話をして、最後に「青年諸君、これからだぞ、頑張って行きましょう!」と、熱いエールを送ってくださった。ま、小倉サンにしてみれば、コジローも青年の部類かもなあ。

 あ、小倉サンの話から一つだけ紹介。ちなみに講義のテーマは「山の危険」であるわけだが、最近いいものができたって山道具の紹介で、LEDのヘッドランプの話。「これは半永久的に使えます」って山道具屋で聞いて、大喜びで買って山に持って行ったら、半永久どころか点灯もしない。下山してから店に文句を言いにいったら、お店の人が「電池が入ってません」って。   そこでこの教訓から小倉サン、「あれ、電池がいるんですよ、気をつけてくださいね、みなさん」だって。    あ〜 驚いた。(^_^;)