3月31日、月曜日、晴れ。今日は年度末、いずこも同じだろうと思うが、わが「わかやま環境ネットワーク=和歌山県地球温暖化防止活動推進センター」も毎年、3月に入ると国や県から受託した事業の精算業務で大わらわ。不肖コジロー、お金が天敵という苦手意識のなせるところか会計実務はさっぱりダメなので、なるべく金銭勘定に関わる業務はそっと避けて通っているのだけれど、そのおかげで精算一切を押し付けられたスタッフたちは大変だ。それも、今日で一応は一区切りつく。みなさん、ホント、ご苦労様でした。

 さて、明日の新年度スタートと同時に消費税が5%から8%に増税される。テレビをはじめメディアは「駆け込み需要フィーバー」や交通運賃や定期代などどの瞬間から8%に切り替わるかを面白おかしく取り上げているが、例によって「なぜいま消費税値上げなのか」「増税分は何に使われるのか」「増税の前提とされた景気回復は本物か」といった、今回の増税の本質に関わる部分は素通りだ。

 消費税導入の目的は、3%で導入された時も、5%に増税された時も、さらに今回の8%への増税でも、一貫して安定した社会保障の財源づくりが標榜されてきた。だが、消費税増税の効果でこの国の福祉や社会保障が豊かになったことは一度もない。ざっくり言えば、消費税による税収はそっくり法人税減税の財源となって消えてしまったからだ。

 消費税の導入は1989年4月の竹下内閣時代に遡る。手元のデータによればそれから22年後の2011年までの時点で消費税による税収の総額は224兆円、かたや同期間の法人3税の減税額の総額は208兆円になる。差額は16兆円だが、これも高額所得者への減税や株式の売買益つまりキャピタルゲイン税の半額への大盤振る舞い減税で吹っ飛んでおり、税収は差し引きではマイナス。つまり消費税は貧乏人のつましい所得を大企業や金持ちに移転し、国家財政の借金を増やす機能を果たしたに過ぎない。

 そうした過去を引き継いでの今回の増税だ。例によってというべきかまたぞろ社会福祉目的が謳われてはいるが、増税分5兆円のうち8割以上を占める「年金国庫負担分2分の1」と「既存の社会保障の安定財源確保」はすでに実施している施策の財源の変更に過ぎない。法人税であろうが消費税であろうがカネに色は付いていないのであって、これまでも国庫から支出してきたカネを増税した消費税に代えるだけで、支出額自体は一銭も増額するわけではない。なんのことはない、社会福祉への支出額はそのまま、増えた分の税収は国土強靭化の美名に隠れた土建公共事業と安倍リスクで高まる緊張に対処する軍事費、さらには将来の法人税減税の財源に回されるだけなのだ。

 それどころか、新年度からは医療機関における患者負担増や介護保険負担の増額、年金支給額の切り下げなど、社会福祉関係を中心に家計への負担増が目白押し。これらのどこをどう解釈すれば、「社会保障と税の一体改革」などという戯言(たわごと)がほざけるのか、ぜひご教示願いたいものだ。

 今夜、なんとか委託事業の精算業務を仕上げたスタッフたちと連れ立ってささやかな花見と酒宴に向かう途上、みかけるガソリンスタンドはいずれも駆け込み給油のマイカーが列をなしていた。そんなささやかな庶民の抵抗を尻目に、独占資本の利益を代弁する安倍内閣国家権力は更に収奪の度を強めていくことだろう。マスコミは好景気を煽るがそれは円安の特需に恵まれた輸出大企業だけの話で、勤労者の実質所得はいまもジリジリ減り続けている。だが、GDPの6割はこうした貧しい国民たちが主役の消費支出が支えている。そこにこれ以上の打撃を加えればどんな事態が招来されるか、経済学者でなくても分かりそうなものだ。

 駆け込み需要の熱狂の後にくる深刻な経済危機。明日、消費税増税と同時にその不気味な影がこの国を覆い尽くしてゆく予感が強い。


スポンサーサイト
 またもや 長らくのご無沙汰。Fc2ブログの決まりで、一ヶ月以上更新をしないと、フロントページに勝手に広告が掲載されるようになるようなので、急ぎ更新しておこうと思います。

 森林インストラクターとしての登録が終わり、ようやく関係機関などに通知されたようで、和歌山県の森林インストラクター会から4日ほど前、入会のお誘いが届きました。もちろん早速入会、そして昨日、そのインストラクター会の年次総会が開催されましたので、勇んで参加してきました。

 総会の会場は、和歌山県伊都郡かつらぎ町の天野地区の森林体験フィールド。天野は世界遺産に登録されている丹生都比売(にふつひめ)神社や西行の事績でも知られる、高野山麓の盆地に田畑と民家が点在するのどかな山里です。その盆地の周縁部、会長さんが購入した人工林の一角に小屋とベンチやテーブル、それにピザ窯などが設えられていて、そこに13人のインストラクターと数人の関係者が集まりました。和歌山県内で登録をされた森林インストラクターは現在26人とか。参加されたインストラクターには以前からの知り合いもちらほらおられて、人見知り気味なコジローもすんなり仲間入りできそうです。

DSCF0002.jpg
会長さんのフィールド、「宇宙の森」と書いて「そらのもり」と称しておられます

 総会といっても堅苦しい話はなく、車座になって行事の打ち合わせをする程度。新参者のコジローとしては少しでも多く経験を積みたいところですので、日程が許す限り提起される行事のすべてに手を上げました。厳しい登山はドクターストップになっちゃいましたが、それに代わる森での活動、結構忙しくなりそうです。

 総会は1時間程度で終わり、それに続いてこの場所で養蜂も手がけている会長さんの経験に裏付けられたミツバチとスズメバチの話。高度な社会生活を営むハチの生態は実に興味深いものでした。その後は参加者みんなで協力しあっての山菜天ぷらやピザ作りと懇談、お腹が膨れたところで腹ごなしに会長さんの山の見学、さらに最後は車で移動して丹生都比売神社の裏山を中腹まで登っての森林観察を日没寸前までたっぷり行いました。

DSCF0007.jpg
日本蜜蜂の養蜂箱、ずっしり重く、蜜がたっぷり溜まったようでした 

DSCF0018.jpg
 春の到来を告げる馬酔木(あしび)の花がありました

 森林観察のガイド役はコジローも旧知の事務局長さん。山道をゆっくり登りつつ、目についた樹木を次々に取り上げ、受講生の味覚や触覚など五感をフルに動員させて解説されるのですが、これを持参の野帳に書き取ったところざっと40種。よくもまあ話題が途切れないものだと、いつもながら感心することこのうえない。あれほどの知識があれば、自然はきっと我々とは違う表情をして見えることでしょう。同じレベルなど望むべくもありませんが、なんとか一歩でも近づきたいものと思いながら、解散後、和歌山市への帰路を急いだのでした。