6月22日の日曜日は、和歌山県森林インストラクター会が運営する「わかやま森づくり塾」の行事で、和歌山県すさみ町にある江須崎に行ってきました。同塾は毎年10月から翌年9月まで1年に渡り、月にそれぞれ1回ずつの机上講習とフィールドワークを通じ、森林や林業について全面的に学ぶ趣旨の講座で、今回が6期目です。自分は森林インストラクターになって初めて知ったので途中から参加、来期は最初からお手伝いさせてもらおうと思っています。

DSCF2323.jpg
  江須崎の全景、左手に鳥居が見えます

 江須「崎」とはいいますが本来は島で、小さな橋で陸地とつながっていて一応は半島ということになっています。全周約2km。亜熱帯植物圏の北限に位置し、神域として保護されてきたため、スダジイやイヌマキ、ハマセンダンなど暖地性樹種の大木が見られるほか、シマサルナシやハマカズラなどのつる植物が縦横に生えており、いかにも亜熱帯らしい雰囲気を醸し出しています。…のですが、これらはいずれも写真になりにくい(^_^;) 

DSCF2320.jpg
  ヘクソカズラ

 漢字で書けば屁糞葛です。ご存知のとおり独特の悪臭があるからですが、ん~、もうちょっとマシな名前をつけてやればいいのに。…と思う人は少なからずいるらしく、この花の形がお灸の跡に似ているというのでヤイトバナとか、この時期に花をつけることからサオトメバナなんて素敵な名前も付けられたそうですが、あまり広くは普及していないようです。

DSCF2325.jpg
  ビャクシン

 別名イブキ、盆栽になるとキシュウシンパクということで、和歌山とは縁深い針葉樹です。庭木としてよく植えられるカイヅカイブキはこの園芸品種。

DSCF2341.jpg
DSCF2342.jpg

 上がビャクシンの普通の葉でヒノキに似た鱗片葉ですが、なんらかのストレスがかかると不思議なことに、下の写真のようにスギの葉に似た形になります。案内してくださったインストラクターによると、「先祖返り」とか。

DSCF2334.gif
  シイノトモシビタケ

 これが江須崎にやってきた目的、せいぜい高さ2cmくらいの小さな小さなきのこで、シイなどの朽木に生える木材腐朽菌なのですが、これが夜の帳に包まれた森の中で、青白いというか、緑がかった白く淡い光を放つのです。といっても弱い弱い儚(はかな)い光ですので、日がすっかり暮れなければ見えません。そこで、海岸でバーベキューを楽しみながら夏至の翌日の長い日がすっかり落ちるのを待って、江須崎の森に入りました。

 森の中では、期待通り、幻想的な光が点々と見えて心から感動したのですが、これを写真にするのは非常にむつかしい。上は昼間に撮影したもので、夜の撮影には、しっかりした三脚となによりもテクニックが必要でした。ということで、他の方が撮影されたこの写真をリンクしておきます。


 このきのこは最初八丈島で発見され、その時点では固有種とされたのですが、十数年前にこの江須崎でも発見され、その後、紀伊勝浦など各地で確認されるに至っています。その江須崎での発見は、今回の引率者であるインストラクターさんを含む和歌山のきのこ研究グループの探索の成果。八丈島ではフェニックスに生えていたことから、もしかしたら紀南地域の国道沿いに点々と植えられているフェニックスにも生えているんじゃないかとグループで探索してはみたものの空振りに終わり、あきらめて海岸でバーベキューをしていたところ、同行していた子どもたちが江須崎に遊びに行ってたまたま発見したとのことでした。こんな逸話に触れることができるのも、フィールドワークの醍醐味。ともあれ、好奇心旺盛な子どもたちを連れていてよかったですね。
  


スポンサーサイト
 6月6日から8日にかけ、尾瀬に行ってきました。尾瀬までは和歌山からちょうど700km。 車で往くなら約9時間の強行軍。へこたれそうな距離ですが、もう10回も行ってるでしょうか、それほどまで魅力的なフィールドで、その自然の豊かさはもしかしたら世界一なのではないかと思っています。

 前夜発で運転を交代しながらひた走り、6日早朝に登山口の大清水に到着。ここから、これまでは自慢の体力にモノを言わせて何度も大股でガンガン登っていた道を、病人認定を頂いた今回は肺に負担が掛からないようそろそろ歩きます。

 その歩行などの運動で肺にかかる負担の程度は、パルスオキシメーターという血中のヘモグロビンの何%が酸素を運んでいるかを測定する小さな機器で知ることができるのですが、この値(SpO2といいます)が90%を割らないよう医師から指示されていますので、ときどきそれを計りながら進むわけです。

 標高1180mの大清水からゆっくり標準コースタイムの2倍以上の時間をかけて1760mの三平峠を越え、下り降りた一泊目の尾瀬沼の標高が1660m。この道中のSpO2は、安静状態で測定してスタートの大清水で96、三平峠で91、
到着した尾瀬沼ヒュッテで92~93でした。

 登っている間も時々測りましたが、行動中は90台を維持するのは難しく、息を切らさないよう、ゆっくりゆっくり歩いても登りでは90をいとも簡単に割り込んですぐに80台前半にまで落ち、下手をすると70台にまで落ち込んでしまいます。試しに同じタイミングで同行の山仲間たちの値を測ってみると、だいたいが96~97でした。まあ、今更なんだけど、やはり病気なのですねぇ。

 ちなみに二日目は尾瀬沼をめぐって尾瀬ヶ原に下り、ほとんど平面の木道を歩きましたが、このときは、ほぼ92~93を維持できていました。平地を歩く分には大丈夫なのですね。やはり登りの負担が大きいようです。二日目に宿泊した尾瀬ヶ原の小屋の標高は1410m。尾瀬沼から250m下っただけで、安静時の値が95~96に戻りました。標高が高くなるにつれ空気が薄くなることはよく知られていますが、これもダイレクトに影響することがわかりました。

 さて、以下は、この道中でみかけた花などを少しばかり。ちょうど梅雨入りと重なったにも関わらず、三日間ほとんど降られなかったのはラッキーでしたが、空はずっと雲に覆われ、さすがの尾瀬も風景は冴えませんでした。しかし、マクロの世界はそんなお天気とは関係がありません。花は盛夏に比べれば乏しいですが、それでもここに載せきれないほどの植物に触れることができました。

DSCF2143.gif
  アミガサタケ  20cmほどもある大きな株でした。アミガサタケはヨーロッパでは非常に人気があるきのこで、採取量を競うイベントなどもあるそうですが、なぜか日本ではあまり好んで食べられてはいないようです。

DSCF2144.jpg
 ウワミズザクラ  ちょうど満開の時期に当たりました。尾瀬に向かう車で川辺や低山ではハリエンジュ(ニセアカシア)の白い花が満開になっていて、車で走っているときはどちらか見分けがつきませんでしたが、上向きに咲けばウワミズザクラ、下向きに咲いているのがニセアカシアだと覚えれば、遠くからでもわかると、帰りのタクシーの運転手に教えてもらいました。

DSCF2172.jpg
 ミネザクラ  こちらはちょっと遅かった感じです。いつもミネザクラに迎えられると、はるばる雪解けの山に登ってきたという感じがします。バックは尾瀬沼。

DSCF2193.jpg
 オオカメノキ、別名ムシカリ  ガマズミの仲間でアジサイに似た花をつけますが、アジサイ同様、白く目立つのは装飾花で花本体は中心部のブツブツです。優しい肌触りの葉にも特徴があります。

DSCF2153.jpg
 尾瀬沼と燧ヶ岳。残念ながら頂上は雲に隠れていました。

DSCF2167.jpg
 大きなナメクジもいました。

DSCF2197.jpg
 ムラサキヤシオ ツツジの仲間は乾燥地に生えるものが多いのですが、これは奥山の湿地でよく見かけます。色鮮やかで非常に美しい。 

DSCF2201.jpg
 ミヤマエンレイソウ 別名シロバナエンレイソウ  

DSCF2233.jpg
 エンレイソウ 普通の・・というか、エンレイソウといえばこの色の花なのですが、まれにひとつ上に紹介したシロバナの株があります。が、今回の尾瀬では半々くらい見かけたかなあ・・  シロバナがやけに多かったです。

DSCF2203.jpg
 キヌガサソウ  まだ少し花の時期には早い感じですが、山小屋の花壇にひと株だけ咲いていました。

DSCF2180.jpg
 リュウキンカ  水芭蕉と一緒に咲く鮮やかな花です。リュウキンカは立金華と書き、金色の花が水辺から立ち上がっている様子をさします。

DSCF2257.jpg
 尾瀬の観光写真といえば必ず出てくる絶景ポイント。手前に水芭蕉の群落、向こうに見る山は至仏山です。

DSCF2272.jpg
 ミツガシワ  山門水源の森の記事でも紹介しましたが、氷河時代からの遺存種で、毛むくじゃらなのは防寒対策です。

DSCF2215.jpg
 ザゼンソウ  水芭蕉と同じサトイモ科の花で、座禅を組むお坊さんを思わせる姿からこの名がつきました。今回は相当注意深く花を観察して回りましたが、見つけたザゼンソウはこのひと株だけ。 ですが実は、これを見られたのは少し離れて先頭を歩いていた私一人で、後続のメンバーは気づかず通りすぎ、後でそれを知ったメンバーたちから、「なぜ知らせてくれなかったのか」と散々文句を言われました。(^_^;)

DSCF2228.jpg
 タテヤマリンドウ  小さな花ですが、マクロレンズで撮ればこんなに美しい。日が陰っているうちは閉じていて、日が射すとそれに応じて花弁を開きます。多くのタテヤマリンドウが一斉に花を開いた様子は、中島みゆきの歌ではありませんが、まるで小さな星を地上にばらまいたような感じです。

DSCF2268.jpg
 モウセンゴケ、正確にはマルバモウセンゴケ  ご存じの食虫植物。このネバネバした部分で虫を捉えて吸収します。コケと呼ばれてはいますがれっきとした種子植物で、虫を捉えなくても自立して生活できますが、虫を捕らえることができれば成長がグッと促進され、多くの種子を散布することができるそうです。

DSCF2271.jpg
 ナガバノモウセンゴケ  先のマルバに対してこちらはナガバ。モウセンゴケは北半球の温帯でもやや寒いところ、だいたい決まった緯度の範囲に帯状に分布、つまり北極を中心に環状に分布しているところから周極分布と呼ばれます。恐らく、地球が冷え込んだ時代には南に下がって分化し、暖かい時代には北上して分化した個体群が出会うような進化をしてきたのだろうと言われています。ちなみにモウセンは緋毛氈からきていて、モウセンゴケが湿地一体に広がって赤く見える様子を緋毛氈に例えたものです。

DSCF2256.jpg
 ヒメシャクナゲ  「ヒメ」は小さく可愛らしい植物に付けられる形容詞のようなものですが、このヒメはシャクナゲとは言いながら高さ10cmからせいぜい30cmの超ミニサイズ。花は壷型で下向きに咲くので、手折って引き寄せでもしない限りこのような写真しか撮れませんが、名前のとおり本当に可愛いです。

DSCF2292.jpg
 サンカヨウ  これもまだ時期が早いため、数株しかありませんでした。白い清楚な花で、これが雨に濡れると透明になり、さらにそれに陽が当たると水滴がガラスのように輝き本当に見事です。

DSCF2294.jpg
 シラネアオイ  日光白根山に咲くタチアオイに似た花ということで命名された大きい花ですが、ぼ~っと日向に突っ立って咲く園芸品種のタチアオイよりよほど高貴で美しい。「山芙蓉」「春芙蓉」とも呼ばれます。

DSCF2286.jpg
 ホンシャクナゲ  至仏山からの下山路の出口で見かけました。

DSCF2290.jpg
 オオバキスミレ 黄色のすみれにはいくつか種や変種があり、特にミヤマキスミレと区別するのが難題なのですが、葉にツヤがないのがオオバキスミレ、ツヤがあって若々しい雰囲気がするのがミヤマキスミレと思って識別しています。

DSCF2156.jpg
 ミズバショウ  トリはやはりこの花。やっぱこの季節の尾瀬の主役を入れないとね。そのそばの名脇役がリュウキンカです。


 以下、コジローが所属する「紀峰山の会」の機関誌に連載している巻末コラムを転載します。これまで25年間に渡り連載を続けてきた毒舌タッチのコラムなのですが、もう登山は卒業したことだし、今回から方向を変えて植物や森林生態系などについて面白いと思ったことを書いてゆくことにしました。 …いつまで続けられるかわかりませんが。

【以下転載】

 厳しい登山はできないとしても山との縁は大事にしたい。そう考えて、最近はもっぱら山麓での植物観察に明け暮れている。

 このゴールデンウイーク、4月末の前半は宮崎県綾町の照葉樹林の観察と鹿児島県姶良(あいら)市の蒲生八幡神社に日本最大の巨樹であるクスノキを見に行き、ついで5月の後半戦は福井県坂井市の雄島、滋賀県長浜市の山門(やまかど)水源、管山寺と三ヶ所の森をたっぷり時間をかけて歩いてきた。いずれもその土地の森林を深く知る地元の森林インストラクターらが一見を勧める森だけに、さすがに見ごたえ十分だった。

 山頂や見晴らしの効く尾根から眺めるマクロな世界はもちろん素晴らしいが、風雪に耐えて佇む巨樹の威容に接したり、足元の草花、そしてそこで営まれる生態系の不思議をルーペも活用しミクロの目で見つめることも、それに劣らず面白い。これは、登山を禁じられなければ発見できなかった世界だったかもしれない。「人間万事塞翁が馬…」とは、さすがに昔の人たちはいいことを言ったものだ。

 これらの森林観察は「コジローのあれこれ風信帖」と名付けたブログで詳しく報告しているので→(http://yamatomori.blog.fc2.com/)、お時間が許せばぜひご訪問頂きたいが、このコラムでも「植物百態」と称して、その一端を折に触れ紹介していこうと思う。

 その初回に何を取り上げるか。紹介したい植物がたくさんあって少し迷ったが、まず雄島で見たウラシマソウから話を切り出してみよう。

 雄島は観光名所として知られる東尋坊の北、橋で陸地と繋がれた周囲2kmほどの無人島で大湊神社が鎮座し、島全体が鎮守の森として守られてきたことから、見事な照葉樹の海洋性原生林が残されている。最大の見物は和歌山ではもう滅多に見ることができないタブノキの巨木林なのだが、そのタブを見上げながら薄暗い森を歩いていて、林床にウラシマソウが幾株も花をつけているのに気付いた。

ウラシマソウ
 ウラシマソウ

 ウラシマソウはサトイモ科テンナンショウ属の多年草で、読者諸兄が紀州の山でもよく見かける同科同属のマムシグサの花から長い付属体が伸びた姿をしている。写真がそのウラシマソウで、この湾曲して伸びる付属体を浦島太郎の釣竿や釣糸に見立てたのが名の由来だ。

 テンナンショウ属は世界に約200種、日本で約30種が知られており、その生態には実に興味深いところが多い。ちなみにテンナンショウは「天南星」と書く。球茎を生薬とした漢方薬の名前だが、漢字で書くとなんだか競走馬みたいでカッコいい。            

 さて、まずそのテンナンショウ属の構造からだが、葉を支える茎のように見える部分は実は葉柄(葉の付け根の柄の部分)が重なって筒状になったもので「偽茎」と呼ばれる。つまりテンナンショウ属の葉は地中から直接地上に出ていて、本当の茎は葉に囲まれた中心に軸のように存在している。で、この偽茎の模様がマムシの皮膚の模様に似ることがマムシグサの名の由来だ。

 さらに興味深いのはその繁殖システム。テンナンショウ属の殆どの種は、発生してしばらくは雌雄無性で花も付けない。毎年少しずつ大きくなってやがて雄株になり、さらに大きくなってやっと雌株に性転換するのだが、風や虫害で葉が損傷したりすると再び雄株に戻ってしまう。これは子孫を残すこと、植物でいえば種子やそれを包む実を生産することがいかに大変な、資源とエネルギーの動員を必要とする営みであるかを示している。

 その雌雄の花について。まず、サトイモ科の花といえば連想してもらいやすいのはミズバショウだが、ご存知のとおりミズバショウの花に見える白い帆のような部分は実は「仏炎苞」(ぶつえんほう)といって、つぼみを包んでいた葉が変化したもので、本当の花はその仏炎苞に囲まれた中心の黄緑色の棒状にたくさん付いている。このような花のつき方を肉穂(にくすい)花序といい、テンナンショウ属の花も類似した構造だが、肉穂花序が仏炎苞の筒の中に隠れている点がミズバショウとは異なる。

 その花を訪れてテンナンショウ属の花粉を媒介するのは小さなハエなどの昆虫だ。彼らは雄花の仏炎苞の上部から筒の内部に侵入するが、筒の内壁はツルツルになっていて一度入ったら二度と這い上がることはできず、ズルズルと底に落ちてゆくしかない。仏炎苞の底には雄花が撒き散らした花粉が敷き詰められていて、もがけばもがくほど昆虫は全身花粉まみれになるのだが、その上でようやく巻スカートのようになった筒の底の一角に空いた隙間を発見し、そこからかろうじて脱出することができるわけだ。

テンナンショウの実

 この花粉まみれになった昆虫が次に雌花の仏炎苞から内部に侵入し、肉穂花序についた雌花に触れればその時点でめでたく受粉が成立する。受粉が成立すればやがて仏炎苞は剥落して肉穂状のまま成熟した実が露出する。落葉樹の葉が落ちた明るい秋の林床で、マムシグサの赤いトウモロコシのような実の塊を目撃した方もおられることだろう。

 で、話を戻して雌花に入った昆虫のその後の運命。雄花同様、一旦入り込むと仏炎苞の筒内を上に戻ることは不可能で下へ下へと追い込まれてゆくのだが、雌花には雄花にあった開口部がない。受粉の役割を終えた用済みの昆虫を外へ出す必要はないからだ。このため、成熟した雌花の仏炎苞の底には昆虫の死骸がたまっている。夏の終わり頃にマムシグサを見かけたら、ナイフで仏炎苞を割いてみればその模様が観察できるはずだ。こうした植物と動物の関係を知るたび、この惑星の主役はやはり植物なのだと思わされる。

 雄島でウラシマソウを撮影しょうとしゃがんでいたら、ちょうど通りかかった若いカップルが背後から、「食虫植物ですか?」と尋ねてきた。テンナンショウ属の雌花は昆虫を捉えはするが、モウセンゴケのようにそれを栄養源にするわけではない。だから食虫植物というのは当たらないのだが、湿った日陰に生える異様な姿が不気味な印象を与えるのだろう。くだんのカップルには「食虫植物ではない」と説明した上で、その興味深い生態を手短に解説し、「別の意味で当たっているかも…」と、答えておいた。