上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ぼんやりしているうちにオリンピックは終わり、夏も過ぎようとしています。というのに、ブログは放ったらかしでまたトップに無断でコマーシャルが掲載されるようになってしまいました。(一カ月更新しないとCMが掲載されるのです)。
 というわけで、とりあえずまたも山の会の機関誌に連載しているコラムを転載。今回はイチョウの話です。


植物百話 8

     イチョウと失われた世界

 3年前に挑んだ森林インストラクター資格試験では、木の葉を見て樹木の名前を言えることが、森の専門家として最も基礎的な素養のひとつとされていました。そこで受験対策として、図鑑片手に近所の森や植物園に出かけては木の葉の特徴を観察し記憶するのに励んだわけですが、こんなことせずとも最初から同定できたのがイチョウでした。まあ自分に限らず、スギとヒノキの区別すらつかない素人でもイチョウの葉を間違う人はないでしょう。こんなになじみ深いイチョウですが、調べてみると色々面白いことがあります。

 まずイチョウは針葉樹の仲間か広葉樹の仲間か。「針葉」から受けるイメージはマツのように細く尖がった葉です。イチョウの葉はそんなイメージとは似ても似つかず、外観は広葉樹っぽいのですが実は針葉樹の仲間なのです。ポイントは葉脈で、広葉樹の葉脈が網状に枝分かれして葉の末端に達しているのに対し、針葉樹では葉脈が平行に並んでまっすぐ葉の末端に至ります。イチョウの葉脈は末広がりになっている点でマツなどとは異なりますが、葉脈が分枝しない点で針葉樹の仲間と同じなのです。

 そんなわけでイチョウは他の針葉樹と同じ裸子植物門に分類され、以下イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属と分類されてゆくのですが、実はこの分類に属するたった一種の樹木なのです。「網」という大きな分類レベルですら一種のみというのは大変なことで、世界広しといえどもイチョウには裸子植物門レベル、つまりマツやスギなんてイチョウとは似ても似つかない植物に至るまで、特徴を共有できるようなお仲間の種がないということなのですね。これに対し例えば「ヒト」は脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属ということで、ヒト属レベルでチンパンジー、ヒト科レベルではオランウータンなどの仲間に恵まれ、さらにサル目まで広げれば仲間に不自由はしません。こう比較してみると、イチョウという種はまるでこの地球上の生命進化からかけ離れた孤島のようです。

 どうしてイチョウだけがこんな特異な位置にあるのか。それはイチョウがかつて繁栄した種族の唯一の生き残りであり「生ける化石」と呼ぶべき植物だからです。これまでに発掘された多くの化石からイチョウの仲間が繁栄したのは中生代(2億5000万年~6500万年前)から新生代にかけての時代で、その後の氷河期に唯一現存するイチョウを残して他の仲間はすべて絶滅したと考えられています。

 厳しい氷河期が終わったとき、イチョウ一族はそのほとんどすべてが死に絶え、現在私たちが見るイチョウのみが、中国安徽(あんねい)省で細々と生き延びていました。それが日本はじめ世界各地に人為的に広げられて現在に至っているわけですが、日本名の「イチョウ」は中国語でアヒルの足を意味する「イアチァオ」に由来するといいます。これはもちろん、イチョウの葉の形からアヒルの水かきのある足を連想した名前だったのでしょう。またイチョウの実を表す日本語の「ギンナン」は「銀杏」の唐の発音「ギン・アン」が語源、いずれも生き延びた土地の言語と文化をその名前に伝えているのですね。

 さてその銀杏、私たちが食用にするのは正確には銀杏の実ではなく、実の中にある種子の堅い殻を割って得る仁という部分なのですが、あの美しいエメラルドグリーンの実(仁)のモチモチした食感は茶わん蒸しに欠かせませんし、フライパンでさっと炒めて小塩を振れば酒のアテにも絶好ということで、その季節の山行のアプローチで黄葉したイチョウを見つけると、少々到着が遅れるのも承知でメンバー全員、その後のテントでの酒宴の予感に舌なめずりしつつ銀杏拾いに精を出したことが何度もあります。しかしその際、あの強烈な匂いにはいつも閉口させられました。この悪臭は果肉となっている外皮にあり、落果して間もないときは気になりませんが、熟したりつぶれたりすると強烈な悪臭を放ちます。

イチョウは日本の街路樹で断然トップの樹種ですが、日本からこれを輸入し街路樹にしたドイツはこの悪臭に困り果て、実をつける雌株の使用を禁止したほどです。・・といった悪臭のため大概の動物はギンナンを餌には選びません。鳥類がついばみに訪れることもないし、ニホンザルやネズミほかの哺乳類も全く近づきません。最近の研究ではアライグマだけは例外的に食べるようですが、喜んで食べているのかどうか。

 さて、そもそも植物が実をつけるのは、動物にそれを報酬として与える代わりに実の中の種子も飲み込ませ、肥料となる排泄物と一緒に広く散布してもらうためです。さらに言えば、匂いはその動物を実に呼び寄せるための撒き餌だったはずです。なのにその匂いが嫌われ、肝心の実が見向きもされないようなことでは、銀杏を作るのはイチョウにとって資源の浪費というか徒労にしかならないことになってしまう。唯一例外のアライグマは北米原産で日本にも原産地の中国にもいません。では、イチョウはいったい誰を種子散布の担い手と期待して銀杏の実をつけてきたのでしょうか。

 ここからはワタクシの想像たくましく・・といった話になるのですけれど、イチョウが種子を運んでもらおうと頼りにしたのは今は亡き恐竜だったのではないか・・ 先に書いたようにイチョウ一族が繁栄したのは中生代という地質時代ですが、これをさらに詳しく分けると三畳紀、ジュラ紀、白亜紀と呼ばれる時代区分になり、これはこの地上に恐竜たちが誕生し、繁栄し、そして滅亡していった時期とぴったり一致するのです。

 この想像を裏付ける傍証もあります。動物の嗅覚の良し悪しは脳のうち嗅覚をつかさどる嗅球(きゅうきゅう)と呼ばれる脳の部位が脳全体に占める比率で測れるのですが、最近カナダの科学者たちは、恐竜のそれが現在の鳩程度に優れていることを解明しました。つまり、当時の植物にとり、匂いは種子を運んでもらう相手つまり恐竜を引き付ける有力な道具として使えたということです。

 我々には猛烈な悪臭でも、恐竜たちには得も言われぬ芳香だったのかもしれません。多くの恐竜たちのうちの一群はあの強烈な匂いに引き寄せられて銀杏を食べ、糞と一緒にイチョウ族の種子を散布してその繁栄に貢献したことでしょう。しかし、そんなイチョウの生存戦略上不可欠だったパートナーも今はもういません。ですが今日に至るまで6500万年もの間、イチョウはくる年もくる年もひたすらパートナー好みの匂いの実を作り、ただその再訪を待ち続けてきたのです。これはもう、プッチーニの蝶々夫人もテレサテン(古いか?!)が繰り返し歌った「待つ恋」も真っ青の飛びっ切りの悲恋ではありませんか。

 イチョウは別名「公孫樹」ともいいます。「公」は祖父のこと、おじいさんが植え孫の代でやっと実をつける樹という意味です。そのイチョウの種子も他の樹木同様、親の近くでは育てませんから、遠くへ運んでくれる動物がいない今は人の手で植えてもらう以外に子孫を残す手段がありません。もし山でイチョウを見かけたら、それはどんな山奥であっても間違いなく人が植えたものであり、かつてそこに人の暮らしがあったことを示しています。

 絶滅して久しい恐竜たちの時代、そして過疎からやがて崩壊した山村の暮らし、
イチョウの樹はいずれも失われた世界の記憶を内に秘めつつ、秋ごとに見事な黄金色に染まっては、無心に銀杏の実をつけているのです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。