上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月21日月曜日、朝のうちは昨日来の雨も残っていましたが午後から曇り。
 土曜日は和歌山県の斡旋を受けてパナソニックが田辺市龍神村に設けた「企業の森」の植樹活動のサブイベントで、初めて森林をガイドしました。

DSCF0198.jpg
結構急峻な斜面での植林作業です

 この日、参加した同社の社員は約180人。これだけの大人数が結構な急斜面にひしめきながらの植林体験が終わると、三つ用意されたサブイベントのうち森林学習を希望した約100人が、9班に分かれてそれぞれ担当の森林インストラクターからガイドを受けました。

 コジローはそのうちの一班を担当。植林に想定以上に時間がかかったため当初予定した時間を大幅に削っての慌ただしいガイドでしたが、林道から植林したばかりの斜面を登って尾根に達し、集合地点に下るまでの約40分で見かけた約20種の樹木を、名前に様々なエピソードを添えて紹介することができました。ガイドを終えて班を解散する際、盛大な拍手に添えて「すごく楽しかった」「来年も来るからぜひ案内してほしい」とお褒めの言葉もいただきましたので、まあ、デビュー戦としてはまずまず良くできた方ではないかと思います。

 せっかく龍神まで来たので、少し足を伸ばして久しぶりに本宮の山小屋に立ち寄ってきました。15年ほど前に『木の国熊野からの発信』(中公新書)という本を書いた時に、その取材の縁から購入した森の一角にまことにささやかなログハウスを建てており、近所の山に登った際などそこに泊まることもあります。

 いまこの森は、知り合いのNPOが林業体験ができる所を探しているというのでそれに提供していて、そのNPOのメンバーや学生が集まっては間伐をしたり、丸太コンロを作ったりしているようで、小屋の前には目の前の森から切り出したばかりの間伐材で作ったベンチやテーブルも設えられていました。

DSCF0208.jpg
ささやかな小屋とNPOが立てた看板

また、小屋の周りにはキツネノチャブクロというキノコがたくさん生えていました。キツネノチャブクロは植物の遺骸などを分解して栄養を得る腐生菌の一種で、ホコリタケの別名でも知られるように、棒などでつつくと中央に空いた穴からホコリ状というか煙のようにまとまって胞子が飛び出します。自然状態では雨滴の直撃を受けて胞子を飛ばします。食用になりますが、食べられるのは胞子を出すようになる前の若い個体で、写真のように成熟して胞子をだくと、胞子臭くて食べられないそうです。

DSCF0200.jpg
キツネノチャブクロ、つつくと中央の穴から煙状の胞子が飛び出します

 さて、別の話題。昨日20日の朝日新聞から夏目漱石の代表作『こころ』の連載が始まりました。ちょうど100年前の4月20日に朝日で連載が始まったのにちなんでのことらしいのですが、これに「時代の精神」というキーワードで漱石が生きた明治と戦後の時代を語る大江健三郎さんのインタビューが添えられていて、この内容に大きく共感するところがありました。これについては、また機会を改めて書きたいと思います。 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/102-9d8c0988
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。