上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF2002-2.jpg

 先日、綾町の照葉樹林を訪ねたついでに、少し足を延ばして鹿児島県姶良市蒲生町の蒲生八幡神社のクスノキを見に行きました。かねて一度はお目にかかりたいと念願していた日本一の巨樹ですが、ご覧の通り、言葉を失うような圧巻の迫力。高さ約30メートル、胸高径(地上から1.3メートルの高さでの幹周)24.2メートルで、根回り33.5メートル、幹の中には広さ約13平方メートル(畳8畳分)の空洞があり、樹齢は約1500年と推定されています。

 一時は樹勢が衰えた時期もあったそうですが、手厚い手当の甲斐あって、このようにすべての枝から若々しい新緑を見事に萌えたたせていました。生命の偉大さに素直に頭が下がります。



 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/104-3f13be52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。