5月4日、森林観察二日目は福井、滋賀、岐阜3県の県境付近にある夜叉ヶ池の森を訪ねるつもりでしたが

DSCF0312.jpg

 ごらんの通り、林道は途中で通行止め。毎年、雪崩で道が崩壊するため、その復旧が終わるまで入れないそうです。山開きは6月1日とか。

 ということで夜叉ヶ池はまたの機会の楽しみに取っておくとして、滋賀県最北端で福井県に接する山門(やまかど)水源の森に転進しました。ここは冬は豪雪の北陸型気候が支配する一方、夏は伊勢湾や瀬戸内海から暖かく湿潤な気流が入るため、寒地性と暖地性の植物が入り交じる多様性の高い森が形成されています。また、この山域の中央には湿原が広がっており、こうした立地条件も森林の多様性をますます高めています。

DSCF0315.jpg

 まず目を引いたのがこれ。イワナシというツツジの仲間の小低木で、もう花は終わって実がついていました。名のとおり、梨のような味がするとのことで食べてみたのですが、かすかに梨を思わせる味はするものの青臭く、まだ熟すには時間がかかりそうでした。

DSCF0319.jpg

 尾根道を登ってゆくとアカガシの純林となります。アカガシはカシの仲間の中では最も寒冷に耐えるのですが、それでも豪雪地にこれだけまとまって生えるのは珍しい。ただ、そのアカガシもスッキリと伸びた大木は少なく、写真のように株立ちしたものばかりです。これは、この山がかつて薪炭林として利用されていた名残で、当時の炭焼きさんたちがアカガシがまた再生するよう配慮して伐採したことを示しています。製炭が今も続いておれば、切り株から生えた萌芽を人為的に間引いて2~3本を大きく育てるように仕立てたはずですが、昭和30年代のエネルギー革命で製炭が産業として崩壊したため炭焼きさんも山から消えて間引かれることもなく、このような姿になったものと思われます。
 
DSCF0327.jpg

 さらに登ると、一転してブナを主役とする明るい落葉広葉樹の森となります。いまは、淡い緑色のブナの新緑が最も美しい季節でしょう。

DSCF0321.jpg

 森の木は写真になりにくいので、せめて樹皮の写真でも。これはナツツバキの樹皮。まだら模様が美しいです。

DSCF0324.jpg

 こちらはアカガシの老成木の樹皮。特徴のある剥がれ方がケヤキによく似ています。

DSCF0326.jpg

  これはクマシデの樹皮。アカシデもたくさん見かけましたが、シデの仲間は共通して老成すると独特の波打つ脈のような膨らみができます。

DSCF0351.jpg

 中央の湿地のそばでトキワイカリソウを見つけました。花が船の碇に似ているところからの命名で、これは年中葉があるためトキワ(常盤)のイカリソウ。ということは、普通のイカリソウもある道理で、葉を落とす種類のものは単にイカリソウと呼ばれています。今回は幸運にも、翌日、この普通のイカリソウにも出会うことができました。その報告は次に。

DSCF0353.jpg

 花をつけたコバノガマズミ。これも葉が小さいからコバノになるわけで、普通のガマズミもありますが、これは見かけず、その代わりにミヤマガマズミを見ることができました。

DSCF0363.jpg

 今回の森林観察での意外な収穫は湿原でちょうど花期を迎えていたミツガシワ。氷河時代からの遺存種といわれており、花弁が毛むくじゃらなのは寒冷適応だそうで、可憐な花なのですがついマンモスを連想してしまいます。尾瀬などの寒冷な高層湿原ではよく見ますが、こんな低地の湿原に群生するのは本当に珍しいと思います。

DSCF0360.jpg

 最後におまけ、アカハラの普通のイモリです。水がぬるんできたので気持ちが良いのでしょうか、浅い水の下でたくさんのイモリが活発に動きまわっていました。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/107-d0827e7d