上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週末は仕事で東京へ出張したついでに、乗鞍岳に行ってきました。(どちらが「ついで」だか~(^_^;)ですが) といっても登山と呼べるようなものではなく、シャトルバスで頂上直下の畳平(2702m)まで行き、そこから最も近いピークである「魔王岳」(2780m)に登ったほか、周囲をウロウロしただけです。実質登高78mの超ライトミニ登山。でも、魔王岳の頂上から思う存分ゆっくり北アルプスのパノラマを楽しみ、この高度に滞在できただけで満足しました。以下はその際に撮影したものです。

DSCF0975.jpg
 魔王岳から北側の展望。乗鞍岳は北アルプスの最南端にあり、その絶好の展望台となっています。手前の道路は乗鞍スカイラインで、岐阜県の平湯温泉や朴の木平からシャトルバスが畳平まで通っています。ついでですが、長野県側からも乗鞍高原から畳平までシャトルバスで登ることができます。

DSCF0982.jpg
 まず、北アルプスの展望を西側から。中央に目立つピラミダルなピークは笠ヶ岳で、その左肩に頭を出しているのが黒部五郎岳。さらに左の割に鮮明なピークは笠ヶ岳の尾根上の無名峰です。 

DSCF0981.jpg
 さらに東に目をやって左側のなだらかなピークが双六岳。右側の鋭いピークが言わずと知れた槍ヶ岳で、その槍ヶ岳から双六岳に伸びる尾根が西鎌尾根。その西鎌尾根の向こうにかすかに見えるのが立山連峰で、槍ヶ岳の更に右側に見えるのが南岳です。それから手前中央、雲がかかった比較的低いずんぐりした山塊は焼岳。頂上からかすかに煙が上がっているのが確認できるでしょうか。

DSCF0986.jpg
 次いで槍ヶ岳が後景に退いた写真で、中央のどっしりした山が奥穂高岳、右側のピークが前穂高岳、この二つを繋いでいるのが吊尾根です。さらに右側の鈍重な印象のピークが大天井岳、そしてその右が山頂までは入っていませんが常念岳です。写真ではちょっとわかりにくいのですが、中央の奥穂高岳から手前へ延びる尾根上、畳岩、ロバの耳、ジャンダルムなどの岩峰が連なり、写真で少し陰影が濃い西穂高岳となります。

DSCF0972.jpg
 目を西に移すと、遠く八ヶ岳や南アルプスが望めます。写真は超望遠で撮ったもので登山者の向こうに霞んで見えるピラミダルなピークは甲斐駒ケ岳。その右側の凸凹した尾根状が鋸岳、その裾から右上がりになった尾根の先から北岳以南の南アルプスの山々が塩見岳まで続いて見えていました。

DSCF1008.jpg
 畳平の周辺をブラブラ歩いていると日が差してきました。ふと見上げると、富士見岳の上空に真っ青な秋の空が広がっていました。

DSCF1007.jpg
 この時期、さすがに花はもうほとんどありませんが、それでもコマクサの名残、オンタデ、アキノキリンソウ、イワギキョウ、トウヤクリンドウなどを確認することができました。花のシーズンにもう一度来てみたいです。写真はイワギキョウ。

DSCF1017.jpg
 こちらはトウヤクリンドウ。ハイマツの影に多く咲いていました。いつもこの花を見ると、夏山シーズンのフィナーレを感じさせられます。次は紅葉に期待ですね。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/126-fe23a42a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。