例のイスラム国による二邦人の殺害予告がインターネットを通じて流されて以来一週間、かなり欝な気分に支配されている。その後、うち一人が殺害された模様であり、また当初2億ドルとされた身代金に代えて、ヨルダンに捕らえられているイスラム国に属する女性死刑囚との「捕虜交換」が24時間の期限付きで要求されているのが、日本時間1月28日昼現在でメディアを通じ我々が知り得ている状況だ。

 この事件をめぐる、「欝」としか表現のしようがないなんとも嫌な気分。このとらえどころない落ち込んだ気分の、その発生源はなんだろうと考えてみて思い当たったのは、自分がかつてイスラム圏に滞在した際の思い出だった。

 もう20年も前になるが、所属する山岳会のイベントでパキスタン北部のカラコルム山脈の周辺を訪ねたことがある。貴婦人の異名で呼ばれる端正なラカポシ峰や天才クライマー長谷川恒男の墓標となったラトック峰など、三つの7000m峰に囲まれた桃源郷=フンザや、14の8000m峰中、最も多くの犠牲を強いたことで「人喰い山」の異名を持つナンガパルバット峰のディアミール壁を望むベースキャンプなどを訪ねる山旅は、アフガニスタンとの国境に近い一帯を巡るルートを辿ってゆく。その道中、内戦状態のアフガンから脱出してきた避難民のキャンプも通過したし、ソ連製の自動小銃カラシニコフを背負った村の強面(こわもて)の男たちに、恐る恐るポーターを依頼し雇用したこともあった。

 そうした山旅で接した人々は、フンザに住むごく少数の仏教徒を除けばすべてイスラム教徒つまりムスリムだった。パキスタンの男たちはほぼ例外なく立派な髭を蓄えている。だが、いかつい髭面の男たちはタリバンにつながるゲリラたちを含め、接してみればいずれも実直で温かく、遠路訪ねてきた我々、彼らの風貌に比べればまるで少年少女のように幼い外観の日本人の一隊に、溢れるような親密な友情で接してくれたのだった。

 親しく話すようになってわかったのは、そうした彼らの親密な振る舞いが、戦後日本の歩みに起因しているということだった。いわく、日本人はウソをつかない、日本人は頭が良く日本製品は世界一、そして日本は世界の誰をも敵とせず戦争という暴力に訴えることもない。彼らは日本製のボールペンや電池を見せてそのように口を揃えるのだった。また、灰色の濁流が流れるインダス源流には日本のODAで難所に架けられた橋が何箇所もあり、インダスに沿うカラコルムハイウエイは日本と中国の援助で整備されていた。日本のODA=Official Development Assistance(政府開発援助)には毀誉褒貶(きよほうへん)があるが、少なくとも独裁政権への軍事援助や内戦への軍事介入に比べれば遥かにマシであり、これらの橋や道路が、軍事力ではなく頭脳と礼節を武器として世界に復帰した稀有な国の存在証明として、目に見える形で彼らの前に展示されていた。

 それはカラコルムの旅を終えてイスラマバードに戻り、帰国のフライトを待つだけのパキスタンで最後の一日、市内の公園に出かけたときのことだった。たまたま休日とあって多くの家族連れが食事をしているレストランで、ある父親が自分たちの席を立って我々に近づき、「日本人か」と確認したうえ、彼の子どもたちと一緒に写真に入って欲しいと申し出てきた。断る理由はないが、なぜそうしたいのか問うと、「この子どもたちも日本人のように賢く優しくなって欲しいからだ」という、こちらが赤面しそうな答えが返ってきた。

 今よりははるかに自制的だった当時の日本ですら、彼らの余りにも単純で好意的な日本観と日本の現実がかなりの程度乖離していることを私たちはもちろん自覚していた。かつてアフガニスタンでの武装解除などにあたった自称「紛争屋」の伊勢崎賢治氏も同様の印象を受けたらしく、その著書の中でこうした余りにも好意的な日本観を「美しき誤解」と呼んで紹介している。

 まさに「美しき誤解」…、だからこそ赤面もするし、なんとも居心地悪く面映い思いもしたのだが、それでも、敗戦からその時まで世界の大国の中で唯一、日本国憲法が規定する非戦国家の枠組みを維持して軍事力により他国の人を一人も殺傷することがなかった国であることは事実だったし、それゆえにパキスタンの人々が寄せる素朴な誤解も友情も、あえてかたくなには否定せず素直に受け取ることができたのだった。

 だが、そうした「美しき誤解」は急速に瓦解しつつある。安倍晋三を首班とする自公連立政権は集団的自衛権の容認や歴史の修正から始めて平和憲法とそれが規定する国の形を投げ捨て、国内的には戦前の軍国日本に回帰する一方、対外的には世界最悪のテロ国家米国の手下として世界に軍事大国として介入しようとしている。こうした「日本を取り戻す」一連の動きに安倍政権が前のめりに暴走するなかで生起したのが今回の人質事件だった。

 もとより、人質を奪って金品や政治的取り引きを要求する卑劣な行為に弁護の余地はないし、イスラム国という組織の性格からして、日本が右へ行こうが左へ行こうが現地に入った日本人が拉致された可能性ももちろんある。だが、「美しき誤解」ではあれこれまでイスラム世界を含む全世界に流通していた「平和日本」のブランド力が損なわれれば損なわれるほど、他の大国と同様、貧困と果てしのない暴力に苦しむ地域の人々から、憎悪の対象とされる機会は増えるだろう。

 今回の人質事件について安倍政権に批判的なツイートを流すと、人質の生命尊重を理由に批判的なリプライが飛んでくる。国政に責任を負う政治家ならともかく、市井の名もない一庶民のつぶやきがどのような回路で人質の生命に影響するのか理解不能だが、こうした声は日本が戦争を始めれば前線の兵士への連帯(またしても「絆」という言葉が使われそうなイヤな予感がする)を理由に挙国一致を求め、戦争に反対する人たちを非国民と排除する論理に容易に転化するだろう。この国はいつのまに、あの「美しき誤解」からいかに遠い所まで来てしまったのだろうか。この国がすべきことは逆に、「誤解」を「正解」にすべく、その落差を粘り強く埋める努力であったはずなのだが。


 時事的な発言は主にツイッターから発信していますので、よろしければフォローしてください。
 アカウントは @omosutakashi です。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/131-7b571f1f