上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は久々に仕事の話題。もう一週間が経ってしまったのですが、先週の日曜日はみなべ町の山林で間伐体験を実施しました。

 森林に関心のある方々を対象に、人工林などの間伐や木材の搬出を行い、それを地域通貨など何らかの形で収入の足しにすることにより、無償のボランティアからもう一歩踏み込んで、継続的に林業の助けになってもらえる方を育てようと企画したイベントで、その名も「ホリデー木こり入門講座」。現役の勤労者であれば週末に木こりを、リタイアされた方の場合はいわば毎日がホリデーですから、第二の人生を準木こりというか林業見習い者として、趣味と実益を兼ねて頑張ってもらい、こうした人々の中からさらに将来は林業を支える新しい力として巣立ってもらえる方が生まれれば…との期待も込めています。⇒チラシはこちら

 講座は全3回。1月18日に開いた第一講では、和歌山森林インストラクター会を牽引するOさんから森林全般についての解説を受けたあと、紀州製炭組合代表のHさんから、世界一の品質で名高い紀州備長炭の製造工程について、実際に製造中の炭焼き窯を見学しながら解説してもらったり、さらに実際に付近の森林に入って山の見方などを学びました。次いで今回はいよいよ実習というわけです。

IMG_0515.jpg

 まず最初は安全講習。木材という重量物を扱い、またチェーンソーなどを使用する林業作業は、ひとつ間違えば深刻な事故につながる恐れがありますので、みなべ森林組合のベテラン作業員から機械の扱い方や、伐倒の際の注意点を綿密に学びます。会場は紀州備長炭振興館。受講生は29人でした。
 
IMG_0520.jpg

 次いで、座学の会場から外へ出て、森林組合の皆さんの援助を受けながら、チェーンソーで実際に木を切ってみます。最初はおっかなびっくりでしたが、作業を繰り返すうちに徐々に慣れ、女性も含めて全員、エンジンをかけるのも、材木の上下から切り進めて裁断するのも、機械に負担をかけずにエンジンを切るのも、そこそこスムーズにできるようになりました。ただ、チェーンソーの歯の目立ては直ぐには難しく、かなりの練習が必要なようです。

IMG_0530.jpg

 さらに、その次は実際にヒノキとスギの森に入っての伐倒です。今回は成長の劣る劣勢木の間伐で、倒す木は事前に森林組合の方で選んでくださっていましたが、その一本一本について倒す方向を慎重に決め、まず倒す方向にチェーンソーで受け口を作って、さらに反対側から追い口を切り込み、間に残ったツルを蝶番のようにして狙う方向に押し倒します。これも、順番に体験し大きな失敗なく倒すことができました。劣勢木とあって、そう太い木はありませんでしたが、それでも倒れるときはかなりの迫力です。

IMG_0526.jpg

 数本倒すと、リーダーの声で一斉に玉切り。まず枝を切り払い、3mくらいの長さに切り揃えて一箇所に積み上げます。何しろ人数が多いので、一斉に掛かれば作業も早い。倒された数本の木に大人数が寄り集まって数台のチェーンソーが一斉に唸りをあげ、やがて幹も枝も綺麗さっぱり地面から消えてなくなる様には、なんだかピラニアが獲物に殺到して跡形もなく食い尽くすような感じもしたりして(失礼)、なかなか爽快でした。

 これであとは、第3回目を残すのみ。その三回目は「木の駅サミットinわかやま」ということで、2月21日(土)と22日(日)の二日間、日本一の梅が満開のここみなべ町で開きます。
 木の駅は、森林に放置されている未利用材や、間伐などででた木材を、一定価格の地域通貨で買い取る場所のこと。買い取った材は薪に加工したり、チップ業者に引き取ってもらったりします。プロの林業事業者としてはとてもコストが合いませんが、輸送費を除いても晩酌代くらいにはなるので、生活費目的でないホリデー木こりなら充分ボラバイトになります。で、このシステムを備えた「木の駅」が今、全国で急速に広がっているのです。その全国の仲間が集まる年一回のイベントがこのサミットというわけで、これを今回、和歌山に誘致し、「ホリデー木こり入門講座」の仕上げとしたわけです。さて、全国からどのような顔ぶれが集まってくれるでしょうか。⇒チラシ&ポータルサイトはこちら


 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/133-f86c2a65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。