上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 たまたま見たTVニュースで、介護に疲れた71歳の夫が認知症の妻を殺害した事件が短く報じられた。やりきれない思いにとらわれるが、改めて確認したところ、昨日の毎日新聞WEB版が以下のように報じていた。(以下、赤い文字部分は引用)

 7日午後7時40分ごろ、札幌市東区北41東8の住宅で、この家に住む無職、長岡律子さん(71)が寝室のベッドの上であおむけに倒れているのを帰宅した長男(42)が発見し、110番した。北海道警札幌東署によると、長岡さんは既に死亡。無職の夫(71)が「介護に疲れ首を絞めた」と話しており、殺人容疑で逮捕する方針。
 長岡さんは5〜6年前から認知症を患っていた。夫の首や手首には刃物で傷つけたような痕があり、居間の机の上に「すまん、母さん。病院もういいわ」と記した手紙が残されていたという。同署は遺体を司法解剖して死因を調べる。
 一家は3人暮らし。長岡さんは近く入院する予定だった。


 続いて、最近、同様のニュースに接した記憶があったので探してみたところ、同じ毎日新聞WEB版が1月17日に報じた次の事件を発見した。

 千葉県警野田署は17日、同県野田市三ツ堀、無職、内野英子(ひでこ)容疑者(77)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。逮捕容疑は、同日午前5時10分ごろ、自宅で無職の夫、東彦(はるひこ)さん(72)の胸や腹など数カ所を包丁で刺して殺害しようとしたとしている。同署によると、東彦さんは数年前から寝たきりで、英子容疑者は容疑を認め「介護に疲れた」と供述しているという。東彦さんは逮捕後に死亡しており、殺人容疑に切り替えて調べる。
 調べでは、同日午前5時20分ごろ、英子容疑者の家族から110番があった。同署員が駆けつけると、1階寝室のベッドの上に、東彦さんが血を流して横たわっていた。病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。


 さらにこのニュース検索の過程で、2月3日の神奈川新聞に掲載された次のニュース&レポートを見つけた。

 介護施設に入所する妻(79)を殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた小田原市、無職の男(80)の裁判員裁判の判決が2日、横浜地裁小田原支部で開かれ、佐藤晋一郎裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。
 佐藤裁判長は判決理由で「客観的には決して許されない極端な行動」と批判。一方で、被告が自身や妻の病気で思い詰めていた状況などから「強く非難することはためらわれる」と情状を酌量、刑の執行を猶予した。
 判決によると、被告は2014年10月20日、小田原市内の特別養護老人ホームで、妻の首をベルトで絞めた上、ぬれタオルで口や鼻を押さえつけ、殺そうとした。
  ◇「体力あるうちに」
 身も心も、限界だった。腰椎狭窄(きょうさく)症に5年ほど前から続く抗うつ薬の処方、さらに頸椎(けいつい)を骨折し、総胆管結石も患った。「心中以外に、方法はないと思っていた」。裁判官や検察官から動機について繰り返し問われたが、被告は無表情で繰り返すだけだった。
 首にコルセットを巻き、医療用チューブを腹部に装着した姿で出廷した被告。検察側の冒頭陳述や被告人質問によると、妻は2011年に脳梗塞で倒れ、左半身不随の後遺症が残った。活発で明るく、50年以上寄り添った妻。「いなくてはならない存在」だった。だが寝たきりとなった姿は「哀れ」に映った。
 14年9月、自宅で転び頸椎を骨折。翌10月には結石が見つかり、チューブを取り付ける手術を受けた。
 「このままでは同居の長女に迷惑を掛ける」。絶望感は深まった。だが長女に相談はできず、1人で抱え込んだ。入院先の病室で心中を決意、「体力が残っているうちに」と病院からタクシーで妻の元に向かった。妻の首を絞める腕には、点滴用の針が刺さったままだった。
 「真面目で優しく、人に気遣いができる人」で、明るく振る舞っていた被告の苦しみを、長女は「分からなかった」と悔やんだ。長女によると、妻は当初「許せない」と憤っていたが、次第に拘置中の被告を心配するようになった。長女は「母はもう許していると思う」と心中を推し量った。
 「一番やってはいけないことをやってしまった。後悔と反省以外ない」と謝罪した被告に対し、佐藤晋一郎裁判長は判決言い渡し後、「これからは家族に相談して、更生の日々を過ごすよう願っています」と言葉を掛けた。


 
いずれの事件も、介護に疲れきった夫や妻が、生涯をともに歩んできた最も近しい配偶者に危害を加え、先の2件は死に至らせている。それぞれの家庭の事情はもちろん推し量るすべもないが、殺意を抱くに至るまで、この人々たちが置かれていた先の見えない困難な状況と、加害者の心を覆い尽くしたであろう暗黒色の絶望と虚無を思うと言葉を失う。生き地獄とはこうした状態を指すのではないか。

 たとえどんな事情であれ、他者の命を奪うことは許されない。なんて、あまりに通り一遍でステレオタイプの常識が虚しく聞こえるほど、この国の老人福祉の現実は厳しい。コジローの母も寝たきりのまま数年、施設のお世話になっているが、もしこの施設の助けがなければ母と自分は果たしてどうなっていたが、考えるだに恐ろしい。まして自分は特発性間質性肺炎というそこそこ厄介な病気を患っており、一人では生きていけない母をいつまで支えられるかわからないのだ。先のニュースは決して他人事ではない。

 にも関わらず、安倍内閣はこの4月から介護報酬をさらに引き下げる。介護施設が儲けぎというのだが、コジローが知るいくつかの訪問介護団体の状況など見ていると、一体どこの国の話かと思う。

 「儲け過ぎ」という判断の根拠は厚労省が実施した13年度の介護事業経営概況調査だが、回収できたサンプル数はわずか3・6%。回答作業は相当の手間がかかるとのことで、未回答事業所の多くは小規模で回答をする人手がなかったのではないかとの推測も成り立つ。こうした小規模事業所は経済的な余裕も乏しいが、こうした事業所の実態は反映されていない可能性が高い。それを知りながら、福祉に回すコストを削りたい国はこの都合の良い調査結果に飛びつき、介護報酬引き下げを強行したというのが実態ではないのか。

 介護職の月収は全産業平均に比べ今でも10万円も低い。引き上げの措置は別に取ると一応いってはいるが、これでは運営資金と人材の両面からこの国の介護は崩壊する。それが、先に連記したような悲惨な事件を惹起する社会的な裾野を広げることにつながる恐れも強い。安倍内閣が強行した消費税増税は例によって「福祉目的」を謳っていたが、今回もやはり嘘っぱちになるのだろう。そんな嘘を平気でつく政府が作るこの国は本当に、徹底的に、弱者に冷たいと思う。認知症の老人であろうと、人質であろうと。 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/134-3d878e79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。