上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 実に久しぶりに病気の話題。今日は京都の診療所でセカンドオピニオンの受診をしました。メインの地元の病院は3カ月に1回、この京都の診療所では半年に1回、病気の進行状況をチェックしてもらっています。

 いやあ、しかし、病気の話に入る前に一言。 「京都って、めっちゃ暑いっすねえ!」 緯度は私が住む和歌山の方が南ですが、夏の日の最高気温はだいたい京都の方が3~4度高く、さらに蒸し暑さも加わって非常に厳しい。このジト~っとした蒸し暑い空気が肌にまとわりつく感じは、これまでに3度行ったインドのデリーと同じです。

 和歌山も暑いことは暑いのですが、海に近いため海風山風が常に吹き、空気が頻繁に入れ替わるせいか、ジト~っとした感じはありません。これがさらに紀伊半島を南下して潮岬あたりまでいくと、さらに気温も下がりますし爽やかさも増して、ずいぶん過ごしやすくなります。そういえば、日本の最高気温の記録は熊谷や多治見や山形や、いずれも内陸部で記録されています。緯度だけで単純に寒暖は決まらないのですね。

 そんな京都、烏丸の高倉通りを炎天下、陰から次の陰へ飛び渡るようにして診療所を訪ねました(んな忍者みたいな歩き方より日傘さすべきだよね)。診療所にはこの病気=特発性間質性肺炎の臨床研究で大きな実績をお持ちの、自分よりやや年上の女医さんがおられ、レントゲンやCT、特殊肺機能検査、6分間歩行しての血中酸素濃度測定など、毎回一連の検査を行ったうえで、そのデータをもとに助言してくださいます。

 自分の場合、明らかに病気とわかるのはやはり肺機能の低下で、肺活量が同年齢同体格での平均値の6割程度しかありません。また、その残った肺の機能、簡単に言えばO2⇔CO2のガス交換能力も低下していて、普通にしているぶんには生活で困ることはないのですが、重い荷物を持つとか、階段を登るとか、そんな心肺に負荷のかかることを少しでもすると、すぐに血中酸素濃度がど~んと低下し息が苦しくなってしまうのです。

 治る病気ではありませんので、今までに失った肺の機能回復は望めません。ただ、進行を止めることができれば延命につながりますから、定期的な診察は、病勢が前回の診察時から進んだかどうかのチェックが中心です。もし、急速に進み始めていたら、その兆候をつかんだ段階で、これを止める可能性がある薬の処方を検討することになるわけです。

 しかし、現在、自分の病気に処方可能な薬には重篤な副作用があります。まあ、数えてみれば随分たくさん副作用がある薬なのですけれど、その中でも最も気になるのが光過敏症。日光を浴びると皮膚がんになるリスクが高くなるという、非常に難儀な副作用です。この副作用を避けるためには、夏でも全身を覆う服を着用してサングラスをして日焼け止めをたっぷり塗って、さらに、日中はできるだけ外を出歩かな…といった対応が求められます。

 ・・が、んなことになったら、山も森も行けたモノではありません。まあ、自分はたしかに病人ではありますけれど、今の時間を闘病のために生きているわけではない。人生はそれを楽しむためにこそあるのです。今の私の暮らしから山や森を取ったら、あとはまあ、「抜け殻」とまでは言いませんが、相当程度スカスカの空虚な人生になってしまう。そんな「余生」はゴメンですから、実は薬を勧められても断る覚悟でいるのです。

 というわけで、毎回、その薬を勧められるほど病勢が進行しているかどうかが非常に気になるのですが、先生の診断、今回も検査の結果から診る限りでは前回からほとんど進行はしておらず、これまで通りの暮らし方でよいとのご託宣を得ました。はあ~、やれやれです。

 ということで、別れ際、先生がにこやかに送り出してくださった時の言葉、「これからも、しんどい事をしたり、登山したりしないで、普通に暮らしてくださいね」。もちろん、「は~い」と元気よく返事して(^_^;)、雲ひとつなく熱せられ、相変わらずうだるような京都高倉通りをしっかり日に焼けながら歩いて帰ったのでした。さあ、この週末は山に行くぞお!



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/148-88aa18db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。