上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お盆の間はなにかと気忙しいことがあって遅くなりましたが、14日に発表された安倍首相の戦後70年談話についてです。

 村山談話の三倍に及ぶ長い長い談話でしたが、じっくり、隅々までつぶさに読ませていただきました。そのうえで読後感を一言で表現すれば、「安倍さん、相当悔しかっただろうな…」といったところです。

 この談話をめぐり、当然のことですが賛否の意見が交錯しています。「植民地支配」「侵略」「痛切な反省」「お詫び」などのいわゆるキーワードは入ったが、村山談話や過去の内閣の立場を引用してのことであり、安倍首相自身としての主体的な言及ではなかった・・との批判は、たしかにその通りでしょう。しかし、なにはともあれ、日本が過去に行った明らかな侵略や植民地支配を居直って肯定し、70年間にわたる戦後世界の共通了解をちゃぶ台返ししてしまうような愚に至らなかったことは、よかったと思います。もし、そんな談話を出していたら、日本は世界の異端として孤立してしまうことにもなりかねませんでした。

 安倍さんは、村山談話にはしばられないと公言し、村山談話の内容をそのまま引き継ぐのであれば談話を出す意味がないとも言っていました。彼の独特な歴史観からすれば、村山談話は世界に媚びた贖罪の表明であって、これにより傷つけられたかつての日本の誇りを回復するための世界へのスピーチをこそ発信しなければならないと考えていたはずです。しかし、それは戦争法案反対世論の高揚や内閣支持率の急速な低下で困難になります。そんな状況で戦後史を否定する談話など火に油を注ぐようなもので、戦争法案の廃案はもちろん、内閣の命運すら尽きさせてしまう恐れがありました。

 その結果がこの冗長な談話でした。こうなった以上、村山談話の立場は引き継がざるをえない。が、かといってそのまま引き継ぐのであれば、それこそ「談話を出す意味がない」し、今更なにも言わないわけにも行かないので、引き継ぐふりをしつつ、自分の屈折した歴史認識も少しは紛れ込ませたい。というわけで、村山談話の三倍の文章を費やしながら、その割に主張が曖昧で限りなく空疎な談話に仕上がったということだと思います。

 こんな間の抜けた談話なら、安倍さんが以前からおっしゃっていたとおり出す必要はありませんでした。一番良いのは、村山談話よりさらに突っ込んで慰安婦問題の解決など未解決の問題に踏み込むことでしたが、安倍さんにそれは到底無理ですから、その次にいいのは何も言わないことでした。しかし、今更それもできないので語ったのがこの内容です。ま、こんな空疎な内容であるためか、中国や韓国は厳しい批判は手控えています。その点は、繰り返しになりますが、ホント、やれやれです。ともあれ、この談話はそう時間をおかず世界から忘却されてしまうでしょう。それで良いと思います。

 ただ、そんな安倍談話の中で、特にザラっとした感触の違和感を抱いたのは、日露戦争の評価です。談話は日露戦争について「植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」としていますが、そんなこと、シレっと言ってしまっていいのでしょうか。

 そうした見方が一部にあることは事実です。しかし、日露戦争は古い帝国主義国ロシアと新しく勃興した帝国主義国日本が、朝鮮半島の支配や満州の権益をめぐって争った領土分割戦争でした。世界に向かって発する談話で、その受け手として当然想定すべき韓国や北朝鮮への配慮がかけらも感じられないのがたいへん気になります。現に日本はこの戦争以後朝鮮への干渉を強化、数年後にはついにその独立を奪い、日本に併合するに至るのです。まさに朝鮮半島を「植民地支配のもとにおいた」きっかけが日露戦争だったのですから、そうした歴史に頬かむりして露骨に自分を褒めるなど、慎み深い日本の伝統的な礼法に反するのではないでしょうか。

 ただ、当時の世界の情勢を考えるなら、日本に他にどんな選択肢が可能であったかも考慮する必要はあるでしょう。うかうかしていると、日本自体が欧米列強の植民地にされかねない状況は確かにあったのですから、日清日露の対外戦争がその後の帝国主義的膨張の扉を開いた側面と、列強に伍して独立を確保しようともがかざるを得なかった側面とを、歴史の事実に即し正確に公平に評価すべきだと思います。そうした複雑な要素を孕むだけに、こうした談話で安易に取り上げることは避けるべきでした。

 さて、この安倍談話の評価をめぐり、早くも世論調査が実施され、肯定的な評価が否定的な評価を上回ったと伝えられています。内閣の支持率も回復傾向とか。まずは安倍さんが「倒れてもタダでは起きない」と狙った通りの結果と言えるでしょう。しかし、先に書いたように、世界の異端でしかない自らの主義主張をむき出しにすれば自滅しかない状況で、とりあえず生き延びるために妥協する道を選択したというのは、安倍さんが狂人ではなかったということを証明したに過ぎません。我らが宰相が「狂人でなかった」というだけで世論がホッとして「評価する」国って、相当大変な状況にあるんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/149-8203b78e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。