昨日28日、日韓外相がソウル市内で会談し、両国間の懸案であった慰安婦問題について「最終的・不可逆的に解決」することで合意した。一昨日の本ブログでも書いたが、両国の閣僚が直接会うのは、あらかじめ妥結のシナリオが用意されておればこそなのであって、合意自体に驚きはない。ただ、そのブログでも指摘した首相サイドが忌避していると伝えられる「責任」という文言が日韓外相の共同記者発表で「あっさり」入ったこと、元慰安婦を慰撫し支援するための財団を韓国政府が新たに設立しこれに日本政府が10億円を拠出することの二点が予想外だった。

 慰安婦問題の最大のキーワードは「法的責任」だ。韓国側は日本軍慰安婦は当時の国際法国内法に照らしても違法であったのだから、その当事者である日本政府は違法行為を謝罪しその証として元慰安婦に賠償を行えという立場、一方日本側は、日韓の法的な問題は従軍慰安婦制度が違法かどうかに関係なく1965年の日韓請求権協定で解決済みという立場だ。これに対しさらに韓国側は、同協定で国家間の問題は決着しているとしても、個々の被害者への日本の法的責任は未解決としている。

 こうした韓国の主張の背景には、当時の日韓の経済的格差などから不本意な協定を呑むしかなかったという屈辱の記憶、戦後40年を経て韓国に民主主義が定着する中でようやく元慰安婦らが自らの存在を表明することができた現実もあり、国際法の基準では一律に裁断できない事情が横たわっている。が、だからといって日本も譲れない。政治は建て前の世界だ。長年引き継いできた建て前は余程のことがない限り変更できない。こうして双方の建て前が非和解的に対立したまま時間が経過し、置き去りにされた多くの元慰安婦が無念のうちに世を去っていった。

 河野談話は、この建て前を崩さず本音の部分で韓国側の求めに応じる政治の知恵だった。談話は「法的責任」には触れないが、実質的に日本国家の責任を認め、元慰安婦に首相が送った親書は「道義的責任」を明確に認めた。「道義的」の意味は一昨日のブログに書いたとおりだ。だが、当初はこれを歓迎していた韓国政府もあくまで「法的責任」の建て前にこだわる韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の反発を受けて批判に転じ、解決は先送りされて今日に至っている。

 昨日の合意はこの問題について単に「日本政府は責任を痛感」と表現、かつての「道義的」の文言を取り去ることで日韓の建て前を両立させるものだ。「法的」と書いていないことで日本側が、また「道義的」を取り去ったことで韓国側が、それぞれ自らの主張を一貫させたと主張することが可能となるからだ。だからといって「道義」が打ち捨てられることがないよう願いたいが、これが外交の知恵というものだろう。率直に評価したいと思う。

 もう一点、韓国が設立するという元慰安婦への支援を目的とする財団に日本政府が10億円を拠出するという話。この財団は河野談話の際に設立された「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)を実質的に引き継ぐものだが、これを韓国が設立するというのがサプライズだった。韓国側はこれまで「法的責任」と一体のものとして元慰安婦への日本政府の支払いによる「賠償」を求めてきた。これに対し日本側は「法的責任」と関係なく人道的立場から民間資金を集めて「補償」するとし、やはり建て前は譲れないものの本音の部分で柔軟に対処しようとしたのだが、やはり韓国国内の強硬な批判で元慰安婦を慰撫する十分な効果を発揮できないまま頓挫してしまう。

 今回の措置は先の「責任」問題同様、こうした両国の建て前を両立させる苦心の作だ。韓国側は民間基金ではなく日本政府が資金を提供するようにしたことで実質的に「賠償」を取ったということが可能だし、日本側は元慰安婦への直接支払いではなく韓国の財団をフィルターとして通過させることで「法的責任」に伴う賠償ではないと主張することができる。やはり外交の知恵が発揮されたというべきだろう。

 問題は、こうした苦心を両国の政治家や運動団体が理解できるかだ。ここに書いたように、これらの合意は玉虫色の繊細なガラス細工に過ぎない。伝えられるところでは挺対協内にはやはり「法的責任」が不明だとして、今回の合意を非難する動きがあるという。このような原理主義が再び力を持てば、韓国政府は困難な立場に追い込まれる。逆に嫌韓を声高に叫ぶ日本のヘイトグループの妄動やこれに毒された政治家の愚かな妄言が再び繰り返されれば、壊れやすいガラス細工はたちまち崩壊してしまうだろう。歴史的な合意を成立させたからには、日本政府にはこうしたヘイト言動や歴史修正主義の表れに対し、毅然とした態度をとることが不可欠の義務であることを強調しておきたい。  



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/159-9544afc4