また長らくブログを更新しないものだから、トップページに懲罰的コマーシャルが掲載されちゃいました。こんな吹けば飛ぶようなブログなどいつ閉じてもいいのですけれど、ときどきは発言したいこともあるし、これからは「よもやまネタ」で週一度くらいの更新をめざしてなんとか維持していきたいと思います。
 
 ということで、最近のニュースから「ワサビ増量お寿司」の話題からです。自分が知っている限りでの経過ですが、大阪・難波の寿司店「市場ずし難波店」で外国人観光客に対してわさびを大量にいれた寿司を提供されたとの証言が9月末〜10月1日にかけTwitterに発信されて拡散。真偽を疑う声もありましたが、市場ずし側は2日付で事実関係を認め、謝罪したという出来事です。同店のホームページに掲載された謝罪文は以下の通り。

 「この度は弊社店舗での接客に関する内容で、インターネット各所にてお騒がせ致しましたことをお詫び申し上げます。事実関係を確認しましたところ以下の確認が取れましたのでご報告いたします」
 「すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、こちらはそのような事実がありました。海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」
 「また、従業員による民族差別的な発言に関してはそのような事実は確認できませんでしが、より多くのお客様に満足していただけるよう社員教育を一層徹底してまいります」


 これに対し、現に今年3月に韓国人男性とともにこの店を訪れ、「わさび大幅増量すし」を涙を流しながら食べたという日本人女性は次のように批判しています。

 「『外国人からのわさびの増量の要望が多いからサービスとして多く入れた』という理由は、正直、言い訳のように聞こえて、受け入れ難いです。『わさびの苦手なお客様』と記載されてますが、私も私の彼もわさびは好きです」
 「私たちが目の前にいて、水を何度も頼んだり、目に涙を滲ませながら寿司を食べていたりする姿を店員が『知らなかった』とは、言い難いと思います」
 「民族的差別の発言について、私たちは確認していません。しかし、それがなくても、今回の件は差別的な行動を取られていたと思います。それがとても悲しいです。傷ついた大部分の人は外国の方だと思います。日本語で記載されたメッセージは、誰に向けてのメッセージなのでしょうか」


 公平を期すために付け加えると、「もともとワサビが多い店だった」という証言もあるようです。自分は実際にこの店のお寿司を口にしたことはありませんのでネットやメディアの情報を頼るしかないのですが、特定の客にワサビを増量したことを事実と認めるなら「事前確認なしのサービス」というのはいかにも苦しい言い訳です。これが「民族的差別」だったと断定することも難しいとは思いますが、ネットでは「よくやった」「がんばれ市場ずし」「反日家が喜んで騒いでるだけ」なんて声も出ていてあらためてウンザリさせられます。今回の店側の行いにこうしたとことん低劣な連中のどす黒い共感を呼ぶような面があったことは間違いないのですから、本当に謝罪する気があるのなら、民族差別とは戦う明確な意思を日本語だけでなく最低限、韓国語、中国語、そして英語で明記すべきでしょう。

 加えて、実はコジローがそれ以上に気になるのは、この店の従業員たちのプロ意識です。同店のホームページには、先の謝罪文の下に「市場ずしの人気の理由」として、「新鮮な食材」「自慢の低価格」等に続けて「ベテランのすし職人」をあげており、そこに以下のような一文を掲載しています。

 「新鮮な食材をより美味しく召し上がっていただくために、当店の職人たちは知識もキャリアも十分なベテラン揃いです」

 「すし職人」のプライドは客に「美味しい寿司」を出すことに尽きるでしょう。「知識もキャリアも十分なベテラン」であればなおさらのことです。わさびの量は好みにもよるでしょうが、わさびは所詮ネタとシャリの美味しさを引き立てる脇役に過ぎません。動機は何であれ、肝心の主役の味を台無しにしてしまうほどのわさびを付けて客に出す「すし職人」のその神経が理解しがたいのです。これは寿司への冒とくであると同時に「すし職人」という仕事への著しい侮辱にほかならないではありませんか。

 こんなことが本当にあったのか、実のところ半信半疑のところもあるのですが、この店に揃っているらしい「ベテラン」こそ、もしこんなふざけた手合いが周辺にいるとすれば真っ先に鉄槌を下してほしい。プロとは、人さまに何かを提供してその代償にお金をいただく立場のことです。そのプロたちの職場で意図してお客様に瑕疵のある物を出したうえにそれを自浄することも出来ないとすれば、その職業はもう終わりだからです。・・といいつつ実は、日本全体がすでにそうなりつつあるようにも思うのですが・・



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/170-97689718