上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あのトランプ氏が米国大統領に選出された。もちろんトランプなんてホラ吹きのレイシストなどが好きなわけはない。ヒラリーも好きではないがまああのギャグ漫画みたいなトランプに比べればまだマシ、というか政治家としてははるかにマトモだから、この結果は甚だ面白くない。しかし、驚天動地とか世紀の番狂わせとかいうけれど、何度も繰り返された大メディアの世論調査も出口調査もしたり顔の専門家とかの情勢評価も、ことごとく外れたのはむしろ小気味いいほどだ。

 今回の大統領選で考えさせられたのは、事ほどさように「何が起こるかわからん」民主主義という制度について。

 それについて書く前にひとつだけ確認、得票で優ったヒラリーだったが、独特の選挙制度のせいで当選したのは得票数で劣るトランプだった。これは米国の制度が民主主義のシステムとして大きな欠陥があることを示している。だがこの点については、選挙区による一票の価値の大きな格差や3割の得票で7割の議席を掠め取る日本の選挙制度はもっとひどい。そうした意味で、民主主義はこの両国において制度面でなお実現していないのだが、この問題は今回のテーマではないのでここまで。

 といった次第で甚だ欠陥の大きい不十分な選挙制度ではあるのだけれど、ともあれその選挙制度が定めるルールに従ってトランプは大統領に選出された。それで思ったことが二つ。民主主義とはなんと危険なシステムであることか。そして民主主義とはなんと偉大なシステムであることか。

 まず、先にも書いたように大方の予想、あえていえば期待も含めた米国そして世界の想定を、米国の有権者は見事に裏切った。当初は泡沫と思われていたガサツで見るもおぞましい風体の成金のオッサンが、あれよあれよという間に大統領になってしまうのだ。だが、このまったく望まれなかった結果を誰も覆すことができない。王様や教祖が出てきて結果を否定することもなければ、軍がクーデーターを起こして選挙結果をチャラにするミャンマーのようことも起きそうにないし、ウオール街の支配者とかユダヤの闇の政府とか、陰謀論好みのシナリオが威力を発揮した形跡もない。巷に渦巻く無数無名の人々が形作る巨大な意思が最終決定となるのだ。よくよく考えてみれば、これは凄いことではないだろうか。たとえ結果がどうであろうと、ともあれ民衆が最終決定を下しそれが覆らないという民主主義のシステムはやはり偉大だと思う。

 次いで民主主義の危うさ、「たとえ結果がどうであろうと」という点についてだ。ぶっちゃけ、トランプなどという人はそもそも民主主義と相容れない思想のキャラクターなのであって、少なくとも民主国家の首長などになってはいけない欠格者ではないか。参政権の平等はもちろん民主主義の大原則で誰が大統領になろうが自由なはずなのだけれど、それはまあタテマエというものであって、例えば女性を蔑視したり他民族や異教徒や移民を差別したり、民主主義の因って立つ思想を敵視し民主主義を破壊するような人物は民主国家の代表にふさわしくないから、本来、選ばれるようなことがあってはならないのだ。

 しかし、自らを葬る選択も許してしまうのが民主主義というものなのだなあ。そういえばヒトラーだって当時最も民主的と言われたワイマール憲法下で民主的に実施された選挙で権力を握り、民主主義を葬り去った。翻って日本では、安倍晋三や石原慎太郎や橋下徹なんて民主主義の敵を国や地方自治体のリーダーとして民主的に選んでいる。今回のトランプショックは、それと同じことが米国でも起きたに過ぎないんだよなあ。ん~、なんつうか、今回のトランプの件、民主主義を本当に人類の幸福に役立つシステムにするには、まだまだ時間がかかりそうな気がした事件ではあった。もちろん、ガッカリばかりしてるわけじゃないのだけれどね。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/172-e04b30c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。