都議選の結果が出た。小池都知事が率いる都民ファが地すべり的に圧勝し、安倍政権の国政私物化に加えハゲの恨みも買った自民党は壊滅的な敗北、政界のヌエ公明は落ち目の自民を見限り小池に擦り寄って卑しく前回同数の全員当選を果たした。一方、共産は反自民反小池の覚めた世論の受け皿となって議席を増やし存在感を示した。また消滅が懸念された民進も最終的には5議席を確保して踏み止まった。(以下の表はNHKのサイトからの転載です)

スクリーンショット 2017-07-03

  「ハゲの恨み」はまあ置くとして、この結果を招いた最大の要因が安倍自公政権の奢りと腐敗、国政私物化に対する国民的な怒りであることは明らかだ。ただ、事前に予想されたとおり、その怒りは本質的に自民党の一派閥に過ぎない都民ファにほとんど吸収されてしまい、政治的には消化不良の結果となってしまった。

 小池百合子という政治家の本性は、思想的には極右イデオロギーとレイシズムの、行動原理としてはポピュリズムとマキャベリズムのそれぞれ複合体である。詳しく紹介する余裕はないが、現行憲法への嫌悪感は強烈で改憲どころか廃憲を主張するウルトラ右翼ぶりだし、在日朝鮮人学校への公立学校並みの補助金支給を停止するなどその差別体質は際立っている。つまり思想的には安倍晋三に非常に近い。だが、安倍に比べれば頭が良い(安倍より頭が悪い人を探すというのもなかなか難しい課題だとは思うのだけれど)ので、それを女性であることもしたたかに利用して巧妙に隠しているだけだ。

 そうした意味では、こうした排外主義的右派イデオロギー勢力が日本を代表する首都東京の議会で、選挙前の自民57+公明22+都民ファ6=85(もちろんこれでも充分多いのだが)から自民23+公明23+都民ファ55=101に増え、議員総数127の実に8割近くを占めるに至ったのだから、こうした選択をした都民の圧倒的な部分は自覚していないだろうけれど、これはこれで実は大変なことなのだ。

 とはいえ、これが歴史というものなのだろう。世の中をひっくり返すコペルニクス的転回のごとく革命的な国民の政治的覚醒など、そう簡単には起こらない。我々総体としての国民はなお、ソフトイメージを振りまく小池のマヌーバーを見破るほど成熟してはいないのだ。

 だが今回、このようにメディアがこぞって煽り立てる小池旋風の暴風の中で、それに吹き飛ばされず2議席とはいえ共産党が着実に議席を伸ばしたことは実に大きい。NHKの出口調査の結果(他のメディアの出口調査も同傾向)によれば、無党派層の投票先は都民ファ40%に続き共産党が16%で、1位との差は大きいが自民党の13%を抑えて2位につけている(民進は9%で4位)。

 相変わらず腰の座らない民進のふらつきがなんとももどかしいが、これは反原発や戦争法反対のデモをきかっけに生まれ、院内外で成立した市民と野党連合の共闘が愚直に積み上げてきた行動が、変革のエネルギーとして確かな実りを上げつつある何よりの証左といえよう。前途はなお遼遠だが、その道は間違ってはいないのだ。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/191-02150d8f