加計学園問題について衆参両院で10日に閉会中審査を実施することが自民党と民進党の協議で決まった。「総理のご意向」と記された内部文書の存在を証言した前川喜平・全文部科学省事務次官を参考人として招致する。しかし、安倍首相の出席は自民党が拒否、都議選惨敗で同党も応ぜざるを得なくなった閉会中審査だが、渦中の主役は「反省する」「丁寧に説明する」と念仏のように繰り返しつつ一体どこで説明するご意向なのか、この期に及んでもまだ逃げ続けている。

 そもそも、国民がなるほどと納得できる説明などありうるのか。加計学園問題にせよ森友学園問題にせよ、それが安倍晋三の指示によるものか、周囲の忖度のみによるものか不透明な部分はあるものの、行政が歪められ安倍晋三に近い特権層に国家財政が不当に蕩尽された事実自体に疑問の余地はない。この明明白白な事実を認める以外、どんな虚言を繕えば国民を騙せると考えているのであろうか。言葉の真の意味で「丁寧に説明」すれば、加計学園・森友学園をめぐる一連の決定の撤回、これに関与した官僚の処分、そして内閣総辞職しかないではないか。だからこそ安倍晋三はひたすら逃げるしかないのだ。「反省だけならサルでもできる」と言うが、安倍はその反省も口にするだけで実際にしたことは一度もない。要するにサル以下だ。

 都議選最終日の秋葉原での街頭演説で、「安倍やめろ!」「帰れ!」の怒号を浴びた安倍がまたキレて、「あのような人たちに負けるわけにはいかない」と絶叫したことが、半ば呆れられながら話題になっている。このサルにも及ばない思考回路の男にとって自分に従わない者は国民ですらないのだ。小学校で習う漢字すらまともに読み書きできないそんな低脳が「全体の奉仕者」であるはずの公務員の頂点に立ち、この国を代表している。

 「安全保障環境は厳しさを増している」というがこの低脳の決まり文句だ。外部に敵を作って煙幕にするのは落ち目の政治家の常套手段で、都議選の最中もミサイルの避け方なんてバカ丸出し且つ税金無駄遣いの姑息なTV・CMを繰り返し流して危機感を煽り、それをテコに現体制への支持をつなぎ止めようとしていた。しかし、この頭の悪さに加え、野党の質問や街頭演説でのヤジ程度でいとも簡単にキレるようなガキ並みのメンタリティーで、その安全保障環境がマジでヤバくなったときに本当に大丈夫なのか。こんな手合いを首相にいただくのはまずもって諸外国に対し誠に恥ずかしいのだけれど、それに加えて実際のところ、危なくはないのか。

 と思っていたら、北朝鮮がICBM(大陸間弾道弾)の実験を成功させたというニュースが飛び込んできた。ちょっと話題が個人的な体験に飛ぶことを許されたいが、今を去ること約半世紀前、当時高校2年生だったコジローはイヤでイヤでたまらなかったが、投票で無理やり校内弁論大会のクラス代表に押し出されてしまった。(こんなの民主主義ではないと思うぞ)

 で、仕方なく選んだ演題が「70年への選択と課題」。1970年はいうまでもなく1960年に安倍の祖父である岸信介が結んだ日米安保条約の10年の固定期限切れの年であり、それ以降は双方、自由意思でこの条約を廃棄することが可能になる結節点であることから、国際情勢と日本の外交のあり方が大きな議論になっていた。それを取り上げた当時の高校生の幼い弁論の内容は今さら恥ずかしくてとても紹介できないが、その中で当時の米ソの核搭載可能なICBMの所有配備状況や中国の軍事技術も弁論の論旨を裏付ける材料として取り上げてはいたのだった。

 事ほど左様にICBMの技術自体はすでに完成されて長い。北朝鮮がそれを模倣し完成させるのは時間の問題であり、今日の事態は想定されていたことなのだから、まあ標的にされている米国はもちろん周囲の国々にとり気持ちの良いことではないけれど、かといっていまさら慌てるほどのことではないのだ。常識が通じない北朝鮮はなんとも厄介な隣国ではあるが、かといって米国が全面的に正義かというとこれも怪しい。だいたい、いつでも発射できる状態で平壌にICBMの照準を合わせている米国が、いったいどんな資格で北朝鮮のICBM開発を批判できるというのか。

 これらは要するに、力による均衡、力による平和というパクス・アメリカーナ(米国による平和)の欺瞞がこれ以上、維持できない限界に達したことを示している。北朝鮮の暴走は止めなければならない。だが力による平和の論理を押し通す限り、待ち受けているのはイラクやシリアをすら凌駕する惨憺たる災禍だ。北朝鮮を巡る事態の前途は予断を許さないし、時には軍事的な選択枝を排除しないポジションも必要になるかもしれないが、事態の恒久的解決に向け本当に求められているのは力ではなく、日本国憲法前文に掲げられている「諸国民の公正と信義への信頼」の精神であり、また国連憲章がいう「寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活」するために「力を合わせる」という立場に揺るぎなく立脚して粘り強く交渉することである。本来なら、日本こそがその先頭に立つべき好機なのだが・・・ であればこそ、戦争ボケでもあるバカの政権は一刻も早く打倒しなければならない。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/193-18db3579