昨日は月に一度の診察日でした。診察に先立つ検査の結果、やはりというべきか、いま服用している免疫抑制剤が副作用を出しかねないほど高濃度で体内を駆け巡っているにも関わらず、免疫の暴走による炎症を抑える効果は発揮していないことがわかりました。やはり副作用の多いステロイドも同時に服用しているのですが、こちらは1月に発症した気胸の原因となった疑いがあり、結果としてはその気胸で貴重な肺活量を大きく失ってしまいました。

 なんというか、薬というのはまあ、効けばたしかにありがたい存在ですが、毒の要素も必ずあって恐ろしいものです。どちらが強く出るかは、人それぞれなんでしょうが、この期に及んでついてないなあ。まあ、ずっと、ある意味自ら貧乏くじを引き続けてきた人生ですので、いまさらどうってこともないのですが。

 で、貧乏くじはともかく、このまま同じ薬を続けても仕方がないので、別の薬を試すことになるのですが、これもいま服用している免疫抑制剤と同じく、服用量と血中濃度との反応の程度に大きな個人差があるため、服用量を少しずつ増やしながら血液検査を繰り返し、適量を見極める必要があります。というわけでまた今月19日から入院。やれやれですが、医療行為を行わないという選択をしない以上、仕方がありません。入院期間は3週間程度になる予定です。

 さて、件の稲田防衛大臣。今度は、福岡大分が激しい豪雨に襲われ、5000人からの自衛隊員が出動して必死の救助活動を行っている最中に、「民間との防衛政策に関する勉強会」なるものに出席するため防衛省を離れ、同時に副大臣や政務官も不在だったことから、文民の指揮官が1時間近く不在の状態になったことが問題になっている。「民間」なるものの正体は明らかではないが、公務ではなく「政務」としているところから推定して恐らく安倍稲田の応援団だろう。で、稲田朋美氏、「ご飯食べないで帰ったんだもん」と言い訳しているのである。噴飯ものとはこのことだ。

 「ミサイルCM」を垂れ流して国民を脅すくらい「安全保障環境が厳しさを増している」というのが本当なら、こんな間抜けな事はできないはずだ。にも関わらずのこの体たらくは、「安全保障環境の悪化」なるものがウソであるか、でなければ稲田はじめ安倍内閣一派が本格的なバカ間抜け集団であるか、ないしはその両方であるかのいずれかである。

 コジローの見立てはもちろんその両方であるが、しかし実のところ、稲田以下の防衛三役など、居てもいなくても大差ないとも思うのだ。官僚組織としての防衛省、実力組織としての自衛隊は、それぞれ自立した行動規範と指揮命令系統を持って動いている。自然災害を含め事前に想定される事態に対処する訓練も日常的におこなって、その知見と経験を集積している。何もわかっていない無知蒙昧の稲田などが粋がって余計な指示などしたら、かえってややこしいことになって混乱するだけだ。もし、万一本当にどこかからミサイルが飛んでくるような事態になったときは、稲田みたいな愛国バカには「民間」なる人たち相手に和気あいあいと平和ボケ定食でも召し上がっていただいた方が、被害は少なくて済むのではないかと思うのだ。

 もうひとつ、トランプが煽ってサウジアラビアやエジプトなどアラブ4カ国が行った愚かなカタール断行。水面下で国交回復の交渉が続いているようだが、このほど、四カ国側がカタールに対し示したとされる条件の一つに、衛星テレビ局アルジャジーラの閉鎖が挙げられていることがわかった。

 アルジャジーラはそもそもカタールの王室が出資して作ったメディアであり、今もその支援を受けていると思われるところは考慮しておかねばならないが、ことにアラブ周辺の紛争など欧米側ではない独自の視点で報じるところにユニークさがある。今回の事態は、サウジの王室など独裁者がこうした報道をいかに恐れているかを如実に示している。当のアルジャジーラは世界のメディアに対し「報道の自由を守る声明」を発信、これにどう応えるかがそのメディアの真贋を測るリトマス試験紙になるかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/195-f5d2c12e