FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新しい年が明けました。昨年1月5日朝、間質性肺炎に加えて気胸を併発し、救急搬送されて1年が経過したことになります。ほぼ一ヶ月の入院後なんとか生還はしましたが、退院時に医師から、次に気胸が再発すれば助からない可能性が高く、1年以内に再発する可能性は5割程度と言われていました。その気胸で残されていた貴重な肺機能を少なからず失い、行動の自由はさらに大きく損なわれてしまいましたが、それから1年、なにはともあれ良く生き延びたものです。正直なところ、年を越せるとは思っていませんでした。

 その後も病気は徐々に進行していると思いますが、もともと治る見込みのない病気ですし、これからできることも限られていますので昨年10月、呼吸器の専門病院である近畿中央胸部疾患センターでの受診を打ち切り、和歌山県立医大附属病院に転院もしました。近畿中央の対応に何ら不足はなかったのですが、往復3時間かかる通院時間が身体にかなり負担になってきたので、通いやすい近所に移っただけのこと、医大病院へは自宅から車でわずか10分です。

 しかし、この選択は大正解でした。この病気でつらいのはとにかく呼吸が苦しいこと。とくに咳が続くとあまりの苦しさに全身から冷汗が噴き出し、ひどいときは手足が痙攣して意識が遠のきかけます。いまさら命を失うこと自体はなんとも思わないのですが、それに至るまでのこの苦しさだけは何とかできるものならなんとかしたい。ということで、医大病院に緩和ケア科が開設されており、呼吸器内科と併せてここを受診できる事を事前にリサーチしたうえで、転院先を同病院に選んだのでした。

 (ついでの話ですが、この間に読んだ山本周五郎の代表作のひとつ『樅の木は残った』では主人公である原田甲斐が、病気で危篤となった同志を見舞うシーンがあります。その叙述はまさにこの呼吸不全の苦しい発作の状況を正確無比に描き出して実に見事。周五郎は実際にこうした発作を目撃したことがあるに違いありません。まあ、さすがは日本語の達人と感心すると同時に自分の近い将来が思われて、「やれやれ」と思ったことでした。)

緩和ケアを担当する医師はお一人だけのようですが、初診の時は1時間以上にわたり、緩和して欲しい苦しさについて詳しく話し合うことができました。こちらが提起する疑問や要求に対し、もちろん有意義な説明やご助言も頂けるのですが、わからないことがあればその場で直接関係者に電話して確かめ、苦しさの緩和に役立ちそうな薬剤や器具の確保など、看護師さんと手分けしてその場で素早く次々に手を打ってくださるのでした。そこで得た知見や処方してくださった薬剤や道具を使って、発作的な極端な呼吸困難は以前に比べれば、かなりの程度で抑えることができています。医療というもののありがたさをこれほど感じたことはありません。

 さて、もうここまで来ると、あとの命はまあオマケみたいなものです。できることは限られていますが、一番好きなスポーツであるラグビーのテレビ観戦を楽しんだり、読書に勤しんだり、さらによほど体調の良い時は絵筆をとったりもしています。ただひとつ注意しているのは、新聞にせよTVにせよ、汚いもの卑しいもの愚かなものに目を触れさせないということ。たとえば安倍晋三のバカ面とか、ヘイトにつながるお笑いとか、触れた分だけ気分が悪くなるような汚物とは付き合わないといことです。

 そんななかで、このブログで森ついて書いたコラム13本に加筆し、他のブログを立ち上げてひとつにまとめてみました。タイトルは『森の話』。リンクを張っておきますし、URLは以下のとおりですので、お時間が許せば、ぜひご訪問ください。

 https://ameblo.jp/kojinenko/



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/206-3ce6fde7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。