一週間ぶりの更新になる。先週は仕事が多忙だったうえに、金曜日から昨日まで九州へ出かけていて書く時間がなかった。その九州行脚の目的は全国環境ボランティアリーダー会という団体の年次総会出席だが、それもさりながら、八丁原地熱発電所やタデ原湿原等の見学というサブイベントも実に魅力的だったので、なんとか日程を調整して出かけた。

 といった次第だから、ここは一発、その模様をリアルタイムでブログに載せようとi Mac Airも持参したんだけれど、日程は早朝から夜までギュウギュウに詰まっているし、ブログ更新の時間に充てようと思っていた夕食後はもう、なんつうか、二晩とも懇親をしっかり深めつついつしか意識混濁のうえ沈没して、ハッと気がついたらもう朝。(^_^;) 結局i Macはただの1回も立ち上げずじまい。その運搬で重い目をしただけに終わった。

 総会の会場は大分県玖珠郡九重町。同団体と関係が深いセブンイレブン記念財団が運営する九重ふるさと自然学校が立地していることから、一度みんなでいってみようということになって実現した。九重の四季は山焼き後草原が黒く染まる春から、草木の緑に萌える夏、草紅葉の赤が鮮やかな秋、そして白い雪に覆われた冬へと巡るが、いまは「黒い春」で草原は焼け焦げて真っ黒。しかし、つぶさに観察するとハルリンドウやキスミレ、それにショウジョウバカマなどが素早く花を開いていて、焼け跡の中にも燃え上がるような生命の息吹を感じる。

P2013_0413_111432.jpg

 タデ原湿原から望む九重火山群。湿原は火入れからまだ日が浅く真っ黒だが、このように見える期間は短く、間もなく湿性の草本が旺盛に繁茂して湿原を覆い尽す。

P2013_0413_121324.jpg

 キスミレ ヤマ屋には高山植物のミヤマキスミレやオオバキスミレなどがなじみ深いがこちらが本家(?)のキスミレだ。本来草原性のスミレであり、燃料革命・肥料革命以後、雑木林などに人手が入らなくなって半ば草原化していた疎林が森に戻るにつれ激減、いまや絶滅危惧種に指定されているが、九重では伝統的な山焼きが遷移(草原から森林への移行)を食い止めて草原を維持していることで生き残った。今回は目撃できなかったが、同様の絶滅危惧種サクラソウも生えるという。 

P2013_0413_094124.jpg

 見学した九州電力八丁原地熱発電所。出力5万5000kw/hの発電機を二基装備したうえ、さらに写真奥の斜面中腹(見えないかなあ…)に2000kwのバイナリー発電所を併設しており、計11万2000kwの総出力は地熱発電所で日本最大だ。写真は地熱発電部の冷却塔。バイナリー発電は火力、地熱、原子力など通常の気力発電(高温高圧の水蒸気でタービンを回す発電方式)で使用する水よりはるかに沸点が低い熱媒体を使用することにより、比較的低温の水蒸気でも使えるようにした発電方式。八丁原ではペンタン(沸点36℃)が使用されている。
 
P2013_0414_080344.jpg

 2日目に宿泊した九重観光ホテルの敷地内に立つ九重地熱発電所。定格出力は1500kwだが、国立公園法との関係があって1000kw/hに発電量を制御しているそうだ。井戸の深さは350mと450mの2本で、深さ2500m程度の井戸を30本使う八丁原に比べれば格段に小さく、取り出す蒸気の温度も低い。そういわれてみれば、素人目にもわりと素朴なシステムなのだが、それにしてもホテルが地熱発電所を持ってるなんて、すごい! ちなみに九重町のエネルギー自給率は1100%だそうだ。

 さて、受験勉強の方は、今朝、4時からテキストの林業中チャプター3の演習を終えて、林業の科目は一段落だ。次いで3科目目の「森林内の野外活動」に進もうかとも思ったが、それより先に『ニューフォレスターガイド』を読むことにした。しばらくは、林業について集中的に知識を身につけようと思う。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/29-ecf248bf