上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月4日、大阪天満橋で開かれた近畿2府6県の温暖化防止活動推進センターの会合に出席。年3回開かれる会合で、3月は来年度の環境省のセンター関連の予算説明となるため、各府県の担当部局も同席する。民主党のパフォーマンスだった事業仕分けで見せしめのように廃止された地域センター関連の予算が、自公の政権復帰で以前とは違った形ではあるが復活する模様だ。しかしその自公政権は鳩山元首相が国連で宣言した90年比25%のCO2削減中期目標を取り下げる意向で、温暖化対策も理由の一つに挙げて原発の再稼働に血道を上げている。

 センターに配分される予算が多少増えるからといっても、それは本来、法に基づく国の義務なのであって、無知蒙昧の極みであった民主党の事業仕分けなんて暴挙から復帰する最低限の措置に過ぎない。というわけで、諸手を挙げてこの措置を評価するのは当たらないのだが、民主党政権時代の3年で全国の都道府県センターの職員のうち少なくない人々が失業し、営々として育ててきた地球温暖化防止活動推進員との連絡は細り、人数も減った。政策の誤りによる傷跡は小さくない。そこから復帰したことだけはまあ、良かったと思う。

 大阪に行く機会はあまりないので、ついでに玉造のテレマークショップに寄ってきた。最近開店したばかりの店でテレマーク仲間に教えてもらったのだが、この2月の乗鞍ほか、近頃は山行のたびトラブルを起こすビンディングを修理してもらおうとスキーごと持参、前記の会議で真剣な討議がなされている会場で、その隠し場所を探すのにちょっと苦労したのだけれど、ともあれそれを店に持って行って店主といろいろ話したり動かしたりしたあげく、もう寿命かなあ…ということになって、結局、そこにあった板とビンディングをセットで購入してしまった。 ん~、実は、行く前から、こんなコトになるんじゃないかと思ってたんだよね。(^_^;)
 
 会議に出て、新しいスキーを買って、さらに帰りには母が入院する病院を見舞って、といった次第で、今日は忙しく、イマイチ勉強は進まず。例の本は早朝に起きて「森林と治山」「森林と林道」「森林の施業」の短めの3章を読んだに止まった。また明日からがんばろう。そうそう、行きの電車で太宰治の『津軽』を読了、さらに帰りの電車で寺田寅彦の『日本人の自然観』を読了した。これについては、また近いうちにまとめて書こうと思う。それにしても電車はいいなあ…、集中して読書ができるもんなあ… でも、それもタマにだからいいんだろうな。毎日2時間かけて通勤するとなったら、イヤだろうな。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/4-96cc045c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。