6月26日、夜半からしっかり雨だ。シトシトと長く降り続き、ようやく梅雨らしくなってきた。じめじめして鬱陶しいが、庭木に水をやらなくて済むのは助かる。

 受験勉強は通信添削が先週ですべて終わり、この週末から過去問に突入。過去5年間の試験問題を解いてゆくのだが、手強さを再認識させられる。通信添削の演習は全13回、ほぼ満点で終始したが、これはテキストの範囲内で出題されるから可能なのであって、範囲が限定されない本番の試験では通用しない。 過去問では初めて聞く専門用語や知らない鳥やキノコの名前がばんばん出てきて面食らった。それに加えて、問題の論述だ。

 例えば森林の科目では11問から12問の問題のうち4問が論述で、それぞれ平均300字で題意に沿った論旨の回答を書かねばならない。それ以外にも、100字程度の短文で答える問題もある。これを80分でこなすのだから、文章を書き慣れていない人には手に負えないだろう。

 とはいえ、何年分も解いてくると、段々要領がつかめてくる。いまは、森林と林業各5回分を解き終えて、今朝から野外活動の一年目に入ったところだが、解き方としては、まず最初の2~3分で問題を全体に見渡して、論述課題をざっと頭に入れておく。そのうえで8題ほどある選択問題や穴埋め問題に取りかかり、これを20分程度でやっつける。この選択や穴埋めではできるだけ満点近く、最低でも8割は得点したい。それから論述問題に取り組み、1題を10分で片付けてゆくと、全体が65分程度で終了するので、あとの15分を回答の見直しや論述の推敲に充てる。だいたいこのやりかたでこなせることが判った。

 「300字以内で」とか、字数の指定があるので、この字数に合わせるのが大変だろうと思っていたが、実際に書いてみるとわりとぴったりに収まる。これは、記者稼業で鍛えた作文感覚が効いているのかもしれない。字数は少々オーバーしても良いみたいだから、この方面については気にしないことにした。それより、とにかく知識の幅を広げることがやはり大事だ。それと、手書きできるよう漢字をしっかり覚えることと・・・

 世の中の動きではこの日曜日、参院選の前哨戦といわれる都議選があった。結果は自民公明の圧勝と民主維新の惨敗、そして共産の久々の躍進だ。投票率が大幅に下がって共産も票を減らしていることから、同党の一貫した反自民の主張が支持されたとは言い切れず、むしろ民主と維新が乱立して共倒れした結果、共産が漁夫の利を得た面が強いが、民主に代わって反自民の受け皿として印象づけられたことは確かだろう。これは、極端な右傾化に突進しようとするこの国の政治に対し、ブレーキがあることを示した点で貴重な成果だと思う。問題は次の参院選だ。




 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/44-5c6d3af4