上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真-2

 9階にある病室からの眺め。和歌山市南部が一望です。


  9月19日、それが手術前の標準らしく、睡眠薬を処方してもらったので、6時半までぐっすり眠りました。3月に受験勉強を始めて以来、毎朝4時には目が覚めるのがすっかり習性になって久しいので、目覚めて周囲が明るいとちょっと変な感じですが、たっぷり睡眠を取っただけあって非常に爽快。窓から眺める世界は雲一つない秋晴れ、持ち込んだ旧式のCDプレイヤーから流れるシューベルトの『美しき水車屋の娘』がピッタリ似合う爽やかな朝です。

 手術は午後3時半からの予定ですが、私を担当する手術クルーが朝から順々に手術をこなして順番が回ってくるのを待つ訳で、その間には長引くのも、短く済むのもあるでしょうから、予定時間にピッタリということではないようです。しかし、朝からその準備は着々と進められていて、口から食べ物をとってよいのは昨夜9時まで、飲み物は今朝9時までということで、9時11分となった今はもう何も口に入れることはできず、その代わり、手術後まで維持される点滴の管が右腕に差し込まれました。

 ん~、なんつうか、点滴の管がついてやっと、すっかり病人らしくなったという感じです。自覚の方はまだ乏しいですが。(^_^;)  点滴液を吊ったスタンドを引っ張って室内をウロウロしていたら呼吸器外科部長が単独でやってきて、聴診器をあてながら体調の確認。それと入れ替わるようなタイミングで今度は担当の女医さんがやってきて、それぞれ笑顔で挨拶して帰られました。「じゃ、のちほど~」って街角で手を振って挨拶を交わす雰囲気ですね。

 かくして、あとはもう、各種自主トレをぼつぼつやりつつ、読書をしながら、お呼びが掛かるのを待つだけです。その間、BGMにしているシューベルトを朗々と歌うのは、ドイツ歌曲の第一人者フィッシャー・ディースカウ。そのときがきたら、やっぱここはディースカウに『冬の旅』で送り出してもらうのがいいな。

 そうそう、ちょっと古い話題で今朝の新聞にも関連記事が載っていたのですが、あの16日、台風18号が猛威を振るっていたとき、竹山堺市長が避難指示が出た大和川の状況などを視察しに行ったことについて、橋下大阪市長がイチャモンをつけているらしい。理由は、「現場が混乱するだけ」「市長は忙しい、一カ所に集中したらよそが手薄になる」「一カ所にとどまって全体を見るのが長の仕事」云々。まあ、そういう見方はあるかもしれないけれど、起きている問題によっては焦点の現場を直接自分の目で確認する必要があるケースもあるでしょう。

 ということで、双方言い分はあるわけですが、お笑いなのは橋下君がこのご高見を、ご自宅からツイッターで発信していたこと。堺市でも大阪市でも、大和川周辺で万単位の住民に避難指示が出され市民の生命と暮らしが脅かされているまさにそのとき、現場に駆けつけた竹山堺市長をせせら笑いながら、ご自分は市役所に出仕すらせず、防災の指揮を執るでもなく、もっぱら安全な自宅のソファーに寝転がって(たかどうかは知らないが)、もっぱらツイッターで遊んでたってワケなんだよね。そこで問題は、あなたなら、どちらが市長にふさわしいと思うかってことだ。コジローなら災害のさなかにツイッターで遊んでるようなボンクラのゴクツブシを市長とは認めない! それどころか、即刻リコールだ。

 橋下という男は、下品が際立つことは何度も書いたし、本質的にノンポリで政治のことなど考えたこともない空っぽな野郎だってことも書きましたが、要するに大阪府知事だって大阪市長だって維新の会だって、ヤツの手なぐさみのオモチャにすぎないのであって、それを扱うのに最低限必要な真面目さなんてカケラもない。マスコミがいくら持ち上げたって、その見下げ果てた薄っぺらで無責任な人間性などいつまでも隠しおおせるものではない。堺市長選はその空っぽの脳天に鉄槌を叩き下ろす機会にしなければならないと思います。

 ・・・なんて興奮して血圧が上がったら、手術に悪いじゃないか。(^_^;)  ので、まあ、今日はこの辺で勘弁しておきます。  さて、もういちどシューベルトでも聴いて落ち着かなくっちゃ。 

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/66-2c1bb10e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。