上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日10月30日、一般社団法人全国森林レクリエーション協会から、森林インストラクター試験の合格通知が届きました。ってことで、ここは、やっぱ、やったあ! (^O^)/ ですねえ。とりあえず、自分に拍手です!

 あとは、11月16日に東京で開かれる二次試験にパスすれば、晴れて森林インストラクターのバッジをいただくことができます。その二次試験は、樹木の説明やロープワークなど、与えられた選択肢から得意分野を選んでの模擬演技ですが、夏に開かれたあの8日間の養成講習を修了していれば免除され面接だけになりますので、まあ、よほど印象が悪くなければ大丈夫でしょう。

 この資格への挑戦を一念発起したのが今年3月1日。以来、毎朝4時から起きて学習時間を確保、植物学や生態学、林学などの書物を広く読み深めてきました。また、裏山の探索から始めて、仕事などで遠出する機会があるたび図鑑片手にその近所の関係施設に足を延ばし、大阪市立大学理学部付属植物園(大阪府交野市)や森林総研関西支所の樹木園(京都市伏見区)ほかで、実地に樹木を観察し、学んだことを体感で身につけるトレーニングを積み重ねてきました。

 そんなさなかの8月1日に特発性間質性肺炎に罹患していることが判明。動揺するようなことはありませんでしたが、自分に残された時間がどれほどかを測りかねて当惑しました。もし、それが長くないなら、森林の勉強より優先して済ませておかねばならないことが沢山あります。また、せっかく学んでもそれを活かす時間がなければ、こんな勉強なんて無意味ではないか。 と、このあたりはさすがに迷って一時は早朝学習の習慣も中断したのですが、周囲の叱咤激励もあって復帰。一度はキャンセルした8日64時間の養成講習を受講し、美濃漢方診療所で受診するため訪問したシンガポールへも学習資料一式を持参して学習を続けました。→このあたりの経過はこちら

 その結果の合格ですから、さすがに感慨深いものがあります。もともと森林の勉強が目的で、受験はそのための動機付けという考えでしたが、一発合格わずか5%という難関だけに、やはり受かれば素直に嬉しいです。森林インストラクターの資格をとったからといって、それで何をしようって目算も特にはないのですが、とりあえずは森林インストラクターの目でゆっくり森のなかを彷徨し、自然の営みに深く接してみたい。

 そうして、残された自分の人生がこの資格に伴う知識のおかげで少し豊かになり、またその知識が誰かの自然理解の助けになり、また楽しい時間を過ごす役に立つなら、これほど嬉しい事はありません。さらに、手を付け始めた市民参加の森づくりの活動や、過疎山村振興の活動に活かせたらどんなに素晴らしいでしょう。そんな新しく開けた未来の可能性をめざして、まあ、急がず、ぼちぼち自分のペースで歩んでいこうと思います。

 
 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/78-b509bf6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。