上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 23日、立山連峰の真砂岳西面で雪崩が発生、登山やスキー中の7人が巻き込まれ、全員の死亡が確認されました。で、コジローがこの報を受けての第一感、え?、ホントに?、なぜ、あんなところで!

 いまアクセス可能な範囲での報道の中には、上級ルートと書いているものもありますが、我々山スキーヤーの感覚では、真砂岳西面はどちらかというと初級コースの印象が強いところです。真砂岳直下の壁は30度を超えるほどあって少々ビビリますが、真砂岳のピークからちょっと主尾根を下れば、なだらかな斜面に落ち着いて滑り出すこともできますので、怖かったら無理をせず壁は避ければいい。そこから下は適度な傾斜の斜面が雷鳥沢のテント場まで、遮るものなく続いていますから、ゲレンデでは考えられない大斜面に思う存分、自分だけのシュプールを豪快に描いて快適に降ればいい、そんな駆け出し山スキーヤーが快哉を叫ぶに最適の場所なのです。

 とはいえ実は、この中腹あたりで雪崩に遭遇したことがあります。今回とは違いゴールデンウイークでしたが、雷鳥沢の幕営地から真砂尾根を登り始めたものの天気が思わしくなく、山スキー初挑戦の初心者も含むメンバー5人の足並みも揃わなかったことから途中で登頂を断念、そこからの滑降に切り替えたのでした。しかし、滑り出した直後に踏み込んだスキーから板状雪崩が発生、一瞬で斜面全体に亀裂が走り、厚さ10センチ程度で大小の板状となった雪が斜面を滑り始めて、まず最後尾(ということは下りでは一番上)の初心者が足を取られ転倒して飲み込まれました。

 その直下にいた自分は、とっさに滑り落ちる初心者の手を掴んで流れ落ちる雪から引き出そうとしましたが、まあ、とっさゆえの愚かな盲動というべきで、なだれ落ちる雪の勢いを相手にそれはかなうはずもなく、さらには自分も手をつないだまま巻き込まれてしまいました。かくしてしばらく雪の中でジタバタしていましたが、幸いそれほど深く沈むことはなく、やがて上半身が雪の表面に出たため、雪崩が止まるまでそれに乗りながら、周囲を観察する余裕もありました。

 このときは、たしかに雪崩に遭遇したのですが、しかしそれは春ザラメの上に積もった湿雪の小規模な板状雪崩であって、この季節独特の現象であるとともに規模も大したことはなく、まあ、あの斜度だし、真砂西面での雪崩は起きたとしてもせいぜいこの程度だろうと、かえってタカをくくったほどでした。報道によれば、山小屋の関係者も、「真砂岳西面であれほどの雪崩は見たことがない」と、口を揃えているそうです。

 しかし、その真砂岳西斜面で大規模な表層雪崩は現に発生し、ベテランも含む7人の命を飲み込みました。山ではいかなる予断も許されない。理論や経験は助けにはなるが、山では何が起きても不思議ではない。背中にヒヤッと少し冷たいものを感じながら、今回の遭難の報道に耳を疑いつつ、目を凝らしたのでした。
 ともあれ、合掌です。

 さて、国会で焦点の特定秘密保護法案、やはりというべきか「みんなの党」に加え「維新の会」も子供だましの修正で自公に同調、要するに賛成したくて仕方がなかったところ、自公の「配慮」で言い訳ができたので大喜びで大手を振って賛成の図です。特定秘密保護法という名の現代版「治安維持法」、国家安全保障会議(日本版NSC)という名の「現代版大本営」、これに「自公み維」からなる現代版「大政翼賛会」ができれば、ファシズム、軍国主義の復活の道具はたいがい揃うわけで、あと残るのは「国民総動員法」と徴兵制、そして明文改憲くらいでしょう。

 国会での勢力関係を見れば勝負は既に決まった感じですが、こんなとんでもない歴史の逆流、安倍流アナクロ路線がマジで世界に通じるのか。さらに、こんな民主主義の全面否定を国民がそれを許すのか。コジローには、居丈高に多数を誇るアナクロ勢力が、数におごって自ら墓穴を掘っているように思えて仕方がないのですが。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/83-99f5b356
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。