上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3月9日、今夜は事務所の一階にあるCafe&雑貨「あわたま」で、毎月9日に開いている「9条ギャザリング」という催しでミニ講演。「ギャザリング」は集まりって意味だ。話のタイトルは「参議院選挙までに知っておきたいこと」。主催者である同店店主からの依頼は、何も知らない若い人たちに対し「衆議院と参議院の違いって初歩的なところから…」ってことで、まあ全く専門外だけど、少し準備して依頼された内容や選挙活動と政治活動の違いなどについて話した。

 昨年暮れの総選挙の結果、衆議院では護憲派は絶滅危惧種並に激減、他方、改憲が党是の自民党が増えただけじゃなく、石原慎太郎や維新の会の面々など「憲法廃止」まで主張するウルトラ右翼も跳梁跋扈する有様で、このうえこの夏の参議院選で護憲派が減れば、憲法9条はいよいよ風前の灯火だ。そうならないために、なんとかしたいというのがこの「9条ギャザリング」のココロなのだから応援しないわけにはいかない。40分ほど話した後は質疑を含む座談になり、参加者は少なめだったが意義ある催しになったと思う。

 さて、今日の学習では、テキストの森林2、分野としては「生態系」や「生物多様性」に関わる部分を熟読し、演習問題を解いた。知っている範囲の内容だが、個別に知っていたことが、体系づけられたように思う。それから、注文していた参考書『ニューフォレスターガイド』(全国林業改良普及協会)が到着。これもまた内容の濃さそうな分厚い本で、読むのが楽しみだ。

 最後にまた話が戻ることになるが、先の9条ギャザリングのまとめで配った文書を以下に転載するので読んでみて欲しい。タイトルは「選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由」(^_^;)。 駒崎弘樹氏のブログに掲載されていた文章を、主として印刷の関係などから一部添削した。若い女性たちがこんなに賢くなれば、その女性についてくる男は必ず変わる。そして若い男女が変わればやがて世界が変わるだろう。世界を変えるのは君たちだ。若い女性たちに是非読んでもらいたい。


    選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由                         

 特に20代女子の皆さんに、おっさんから忠告しよう。
 選挙に行かない男と付き合ってはならない。
 もし彼氏が選挙に行かない男だったら、今すぐ別れを考えた方が良い。 
 なぜか、を君の彼氏の代わりに解説しよう。5分もあれば読める。

1.選挙に行くのが「面倒くさい」ということだったら

 投票所はほとんどの場合、自分の家の近所だ。15分以内と言って良いだろう。15分以内のところに休日行くのが面倒くさかったら、おそらく彼氏は君の子どもをどこにも連れて行きはしないだろう。そんなやつとは結婚しない方が良い。別れよう。

2.選挙に行かないのが「どこに入れても同じ」だとしたら

 彼が「どこに入れても同じだよね」と言っていたら彼は日本語を読む能力が欠けている。例えば消費税に対し、民主党は「消費税引き上げの増収分は社会保障の財源に」と言い、共産党は「消費税増税中止法案を提出」と言っている。小学校五年生でも両者は全く反対のことを言っていることが分かる。つまり、彼は小学校五年生レベルの読解力もない。それだと社会に出てから苦労する。今すぐ別れたほうが良い。

3.選挙に行かないのが「なんだかよく分からない」なら

 社会で働くということは、「なんだかよく分からない」ことも何とか調べて分かったふりをしながらこなしていくことだ。ホンダの営業マンは日産よりも自社の軽自動車がイケてるのをマニュアルとにらめっこしながら勉強してお客にアピるだろう。でなきゃ収入に響く。「なんだかよく分からない」ことに対して何もしないのが君の彼氏、ということになるので、仕事できないやつである可能性が高い。将来苦労する。考えなおそう。

4.選挙に行かないのが「その日用事ある」なら

 期日前投票という制度がある。やり方はグーグルに書いてある。彼氏はおそらくグーグルを使うことができないのだ。若いのにインターネットを使えないのでは職場における存在価値はほぼゼロだ。そんなやつに未来はない。別れよう。

5.選挙に行かないのが「政治家信頼していない」だったら

 おそらく彼氏はそうやって斜に構えているのが格好良いと思っている。そして99%の確率で、「政治家を信頼していない」というやつほど政治家をよく知らない。マスメディアからの「政治家はダメだ」というシンプルな情報とイメージを鵜呑みにして信じきっていなければそんな発言はできない。なぜなら、「政治家」も多種多様で、実際に政治家と会って話せばひとくくりにできないことは分かるからだ。だとしたら、彼氏は本当の君ではなく、「女子大生」とか「OL」といった君に付属するパターン化されたイメージで君を判断している。時間がもったいない。今が別れ時だ。

【まとめ】
 さて、若いうちから選挙に行かないとか言っている男とは別れたほうが良い、ということは分かってもらえたかな。最後に言いたい。選挙を放棄するということは、君にも君たちの子どもの将来にも、本気では関心ないよ、ということと一緒なんだ。
 そう、選挙に行かない彼氏は、将来君たちの間に生まれる子どもたちに、良い教育や医療を与えなくても全然OKだよって言っているに等しい。つまり、社会の将来について考えられないやつは、君との将来も本当の意味では考えられない。だって日本がズタボロになっていって誰よりも損するのは、愛する子ども達なんだもの。


 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/9-b5cf49a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。