上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 フェイスブックに以下の記事を掲載しました。急ぎの訴えですので、ブログにも転載します。


【政府にエネルギー基本計画にパブリックコメントを、6日まで】

 ご存知かもですが、経済産業省は先月13日、今後のエネルギー政策を検討する審議会を開いて意見を取りまとめ、原子力発電については「基盤となる重要なベース電源」と明記、原発の再稼働に前向きな姿勢を鮮明にしました。

 政府は新年早々にも新しい「エネルギー基本計画」を閣議決定する予定で、この経産省の審議会(総合資源エネルギー調査会基本政策分科会)の意見が、大筋のシナリオとなる見込みです。なお、この「エネルギー基本計画」は、今後10年程度の日本のエネルギー政策の大枠を決めるもので、もちろん国の地球温暖化対策にも深く関わってきます。

 ついては、同基本計画について国民からの意見(パブリックコメント)が、この日曜日1月6日締切で募集されています。

 2012年夏の「国民的議論」のときには、総数8万9000件以上のパブリックコメントが出され、うち圧倒的多数の9割近くが「原発ゼロ」を選択した結果、当初は原発維持を目論んだ当時の民主党政権も、原発ゼロの方針を示さざるを得なくなりました。

 今回の自公政権の動きは、この国民的議論の結果も覆し、あの福島原発事故以前の状態に公然と回帰することを目指すものであり、到底容認できません。いまの安倍政権の独裁的な暴走ぶりから考えて、私たちの意見が採用される見込みなどまずありませんが、だからといって手をこまぬいて黙っていることは、その暴走を黙認しさらには増長させるだけです。一言でいいですから、原発事故などなかったかのような振る舞いに、多くの異議の声を上げましょう。


 コメントは以下からできますので、お知らせします。

新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の募集について]
募集要項、意見提出様式 ↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620213015&Mode=0

 なお、冒頭に書きました経産省の「エネルギー基本計画への意見」は63ページほどあって、一読するのに2時間ほどかかりますが、現在の政府の考え方が良く整理されていますので、時間のある方は、一読されることをお勧めします。

 しかし、パブリックコメントはエネルギー基本計画に対する意見であって、
もちろん、経産省の意見を読まなくても自分の意見は出せます。「原発反対」のひと言でも良いと思います。少しの時間を使って、ぜひコメントしてください。

 それから、私たちの仲間のCASAが以下の意見をコメントしていますので、参考まで、リンクを載せておきます。

http://www.bnet.jp/casa/teigen/131217opinion.pdf


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatomori.blog.fc2.com/tb.php/90-0bcd3bd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。