上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月14日、長い養成講習も今日から後半戦に突入です。今日の講義は「野外活動基礎技術」「キャンピング」「野外活動概論および指導法」そして「森の民俗学」の4講。

 前の二つは、野外をフィールドとする環境教育の意義と可能性、さらに具体的な技術にわたる話です。厳冬のアルプスを含め四季の山を渉猟し、「野宿のプロ」を自認してきたコジローとしては、いまさらキャンプの技術もないようなものですが、これはあくまで山を歩く必要に迫られての野営であって、今回の講習のように明確な教育目的を持って組織的に実施するキャンプとは全然違います。不便な自然の中で仲間が協力し合って暮らすことにより得られる教育効果はきわめて大きく、このことに着目して実施されている欧米での教育キャンプは4週間ほどが普通だそうです。ま、そんなキャンプに参加したり、協力したりする機会が今後あろうとは思えませんが、自然の教育機能という点では学ぶところがありました。

 野外活動概論は、一昨年6月に国会の全会派が賛成して成立した「スポーツ基本法」などにも触れた、スポーツの本質についての話でした。日本のスポーツ界に根深くはびこる軍隊的な体罰や、全柔連に見る権威主義的な暴力体質は、この国で「体育」と称されてきたものが、本来「遊戯」と楽しみを本質とするスポーツといかにほど遠いものであったかを如実に示しているという講師の話は、まことにもっともです。ついでですが、そんなスポーツ超後進国が、厚かましくオリンピック招致など、恥ずかしくはないのかというのがコジローの意見です。

 で、最後が「森林の民俗学」。野本貫一さんの『神と自然の景観論』から説き起こし、万葉集や古事記、柳田国男や折口信夫らもひいての、日本人の信仰心を含む精神世界と森林との関係を説き起こすすごい内容の講義でしたが、2時間ではちょっと消化不良になりそう。コジローは野本貫一氏の『景観論』も柳田も折口も読み込んでいたのでなんとかついて行けましたが、初めて聞く人にはしんどかったんじゃないかな。神奈備(かんなび)とか神籬(ひもろぎ)とか、ん〜、何のことかわかるかなあ・・ そういえば寝てる人も多かったなあ。(^_^;) ともあれ、自分にはすんごく楽しい講義だったからいいんだけどね。え? 具体的な内容? とてもここに書けるものではないので、またの機会に。

 さて、今日は、プログラムの都合でいつもより1時間早い5時15分に終了。この時間に終われば、あとの行動にも余裕があります。で、中華料理屋で夕食を食べて、お風呂に入って、さっさとブログを書き上げまして、さて、これからサッカー見ながらビールタイムなんだよね。ではでは。(^o^)v 

 
 8月13日、期待と不安が相半ばする「樹木・森林の観察」実習の日を迎えました。ずっと半年前から楽しみにしていたイベントなのですから、期待については書くまでもないのですが、この体力で最後までついて行けるかどうかが不安です。電話でやり取りしているシンガポールの漢方医からも、登山やマラソンは厳禁と釘を刺されています。ま、登山というほどの激しい運動にはならないと思ってはいますが、とにかくある程度の高差を登るわけですから、肺への多少の負担は避けられません。でもまあ、出発点に戻るコースですから、ダメなら離脱して下ればいいだけのことですので、あまり深くは考えずに参加することにしました。・・というか、元々、モノゴトを深く考えるのは苦手な性分です。

 いつものように5時前に起きて、いつも通り前日の講義の復習をしたあと(前夜のうちに復習しないのは必ず酔っぱらっちゃうから(^_^;) )、身支度を整えて6時40分に宿舎を出、コンビニで食料や飲み物を仕入れて最寄りの東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅へ。お茶の水駅でJR中央線に乗り換えて高尾駅まで行き、さらに京王線に乗り換えて高尾山口。そこから5分ほどで着くケーブル乗り場が集合場所で、指定された9時20分より1時間近く早く着きましたが、すでに受講生は10人ばかり集まっていました。

イメージ
 高尾山のケーブルカー乗り場

 続々と集まってくる受講生は、若い人も多いのですが、いずれもさすがに山慣れた服装と装備で、ベテランの雰囲気を漂わせています。なかには、どこかの施設の自然観察ガイドや営林署とかのワッペンや刺繍がしてある制服でこられる方もチラホラおられたりして、やはり森林関係の専門家が受講生の中心なのだということがよくわかりました。

 9時半、点呼を済ませた後、64人の受講生を4班に分け、それぞれ引率の先生がついて出発。自分が属した1班の引率が宇都宮大学名誉教授の谷本丈夫先生だったのは超ラッキーでした。この研修、谷本先生に限らず、これまで著者名としてしか知らなかった専門家が、次から次へと登場して講演してくださるのがすごい。谷本名誉教授も高名な方ですが、小さなリュックを担いでスタスタと歩きながら、実に手際よくユーモアを交えて、樹木と土壌とそして生態系の説明をしてくださいました。終始、へえ!と思うような話の連続、大慌てでメモをするのと、坂道を遅れないよう歩くのに必死で、ケーブルカー終点に着くまでの3時間、水分を補給する余裕もありませんでした。

 この3時間で、先生が解説された樹木は約60種。これに地形や気象、植物生理、土壌、生物間相互作用や遷移の話も混じりますから、さすがにその道のトップというのはたいしたものです。ん〜、できたら、今日の倍の時間かけてゆっくり聞きたかった! しかし、それにしても先生、歩くのが速い! 説明するときはもちろん止まっていますが、まあ、時間に限りがあることもあって、次の説明ポイントまでは大股でぐいぐい登ってゆかれます。こちらも必死でついて行くのですが、息切れして肺にダメージを与えないよう自重するペースでは、すぐに先生との間に差が開いてしまいます。自分が遅れることは最初から分かっているので、説明が終わり次第、必ずトップで歩き出すようにしていたのですけれど、次々に後続の受講生に抜かれてしまいました。 ん〜、これでも山屋サンなんですけどぉ、なんという情けなさ。 でもまあ、なんとか、正午過ぎ、脱落せずに終了地点までたどり着くことができました。

 この観察の内容について書き出すとエラい分量になるので省きますが、実に楽しく、得るところ大でした。やっぱ、参加して良かった。本来は、この後、山頂に近い広場で午後の講習の予定だったのですが、昨日、時間雨量100ミリを超えるゲリラ豪雨と落雷がここであって、ケーブルカーが止まってしまうトラブルとなっており、今日もその恐れがあるということで早々とケーブルで下山。ふもとの林野庁の施設で3本のレクチャーを受けました。ついでながら、このケーブルの最大斜度31度は、日本一とのこと。その崖のような急傾斜を下って行くケーブルで外の景色を眺めながら、「ああ、この状態でも、これだけは登ったんだ」と、まあ、少し感慨めいたものがありました。

 さて、下山してからのレクチャーのひとつに、葉っぱだけを見て、樹木を当てる演習がありました。受講生の手元にまわされた葉は15種類、講師から一言だけヒントがあって、それぞれ何という樹木の葉と判断したかを所定の用紙に記入するのですが、コジローどうしても3点は講師のヒントを聞いても分からず、外してしまいました。答え合わせが終わって、「やれやれ、まだまだだな」と思っていたところ、講師が「10問以上正解だった方」といって手を挙げるよう求められましたので、ふらっと手を挙げるとなんと5人ほどしかいない。結局、12問正解だった自分ともう一人若い女性の受講生が2人同点トップの成績で、講師からお褒めの言葉を頂き、受講生の皆さんからは盛大な拍手を受けました。

 ちなみに、コジローが外したのは、エゴノキ、ヒイラギ、チドリノキの3点。エゴノキは「川魚を捕る毒として使った」という講師のヒントでも分からず、ヒイラギはあのトゲトゲの葉なら間違うはずはないのですが老齢の全縁(ふちが丸い)の葉でだまされ、チドリノキに至っては名前を聞くのも初めて(^_^;)って完敗状態でした。一方、正解したのは、カヤ、コナラ、エノキ、ケヤキ、ムクノキ、スダジイ、ヤマグワ、アカマツ、シラカシ、イチョウ、クスノキ、サワラの12点。まあ、最高点になったのはたまたまですが、半年前にこの勉強を始める以前であれば、イチョウ以外は何一つ判別できなかったと思います。やはり、学習って偉大ですよ!! 努力は人を裏切りませんね。(^o^)v
  




 8月12日、今日は「森林と人と自然保護」が2時間、日赤の「救命・応急手当」の講習と実技が3コマ計4時間、それに「野外ゲーム」が2時間での講習でした。最初の講義は日本の林政批判を含む熱の入った講義で、共感できる点は実に多かったのですが、力を込めて力説された内容はどうやら試験とは全然関係ないらしい。(^_^;)

 民主党政権時に例の事業仕分けのノリで策定された「森林・林業再生プラン」は机上の空論というか、現場の状況を知らない妄想の産物ともいうべき代物で、それ以前の自民党政権時代の林政も褒められたものではなかったのだけれど、それにもまして評価にすら値しない!・・なんて声を、林業の現場でもよく聞くのでしたが、ん〜、さすがに、東京でもそうなのかぁ。・・とは思ったのですけれど、この際、試験に関係ないことで盛り上がられてもなぁ・・

 日赤救急法は、これまでも労山の遭難対策のイベントなどで何度か経験はしているのですが、3人の講師による4時間の集中講義はさすがに中身が濃く、何度もタイムトライアルでチャレンジさせられた三角巾の基本的な使い方など、かなり身に付いた気がします。ま、こんな救命技術、使わずに済むよう準備することこそが重要なのですが。

 最後の「野外ゲーム」は、ん〜、まあ、なんつうかなあ。どうしてもあんまし関心が持てないんだよねえ。講師は有名なNPO国際自然学校の校長先生で、実践しておられる環境教育にはもちろん頭が下がるのですけれど、自分としては、子どもの面倒など見る気も、そんな時間もないし、熱弁の講師には申し訳ないけど、やっぱりあまり関心を持っては聞けなかったです。

 さて、明日は待望のフィールドワーク。東京近郊のハイキング入門の山として有名な高尾山で、自然観察の実習です。ガイドしてくださる先生は宇都宮大学の谷本丈夫名誉教授。初日に植物の識別方法を軽妙な話し振りで講義してくれた先生で、期待満々です。

 が、この肺で落後せずについて行けるかなあ。高尾山は標高わずか599mの藪山です。和歌山の生石山どころか生駒山より低い。地図をつぶさに眺めても、登りの落差はせいぜい350m、それを樹木の観察もしながら、ゆっくり登るのですが、今の状態では盤石の自信が持てません。まあ、なんとかなるかなあ。ワタクシ、一応、いまでも和歌山で最も活発な社会人山岳会の会長なんですが、なんとも情けないですねぇ。

 ハナシのついでですが、実は山屋としてのその情けなさもあって、8月8日、私が会長を務める「紀峰山の会」の運営委員会で、病気について簡単に報告するとともに、会長職の交代についても検討してくださるようお願いしました。ま、看板でいいなら(ずいぶん薄汚れた看板で申し訳ない)続けますが、もう会員をリードすることなんて絶対にできない身分なので、そのうち居心地が悪くなるんじゃないかなあ。ま、皆さんに決めてもらえばいいことですが。

 ともあれ、明日は行けるところまでいってみようと思います。

 話は変わりますが、東京は夕方から猛烈な雨と落雷。まるで熱帯のスコールで、建物の外に出ることなど考えることもできないほどです。地球温暖化、気候変動の兆候は、日々、誰の目にも見える形で顕在化しています。人間の生存基盤が根底から崩れようとしているとき、東証の動きに一喜一憂したり、TPPにうつつを抜かしたり、低次元のナショナリズムで盛り上がったり、ほんと、この国の政府そして右翼政治家の面々は救いがたいと思います。


こんばんは。いま8月10日午後7時5分。たったいま世界陸上で女子マラソンがスタートしたところ。野口みずき、福士加代子、木崎良子、3人娘の健闘を祈りたいですね。順位はともかく、自分で納得がゆく走りで完走してもらいたいです。

 そういえば、自分も2年前までは、山のトレーニングを兼ねてそこそこ走っていたのでした。もちろん世界陸上で思い出すだけでもおこがましいというものですが、連日少なくても6km、時間が許すときは20kmを走っていましたが、今思えば、すでに壊れかけていた肺でよくやったものだと思います。口熊野マラソンでのハーフでしたが、とにかく制限時間内にゴールした自分を、今更ながらほめてやりたい気持ちです。(^o^)v

 さて、森林インストラクター養成講座の初日が終わりました。第一講が「森林の生態」で3時間、第二講が「森林の植物・樹木」で3時間、第3講が「きのこ」で2時間、合計8時間の講習がびっしり短い休みを挟んで続きました。これだけ集中して勉強するって、いったい何年ぶりだろう。受講生は60人あまり。例によって厚かましく最前列中央の特等席に座り、集中して受講しましたが、さすがに疲れました。

 それにしても、東京って、どうしてこんなに空気が悪いのか。まあ、一番暑い時期ってこともあるのかもしれないが、とにかく埃っぽくて喉が終止いがらっぽいんだよね。病気で敏感になっているからよけい感じるのかな。それと、水道水がすごくカルキ臭くて、とても飲めた代物ではない。これはナマでもお湯でも同じで、部屋のポットで沸かしてくれていた湯でお茶を入れましたが、一口すすって捨て、直ちに表のコンビニで水を買ってきました。

 空気と水って、生き物にとって一番大事なものだと思うが、それがこんなお粗末な状態では情けない。東京の人はきっとこれに慣れて何とも思わないのだろうけど、きれいな空気と水が当たり前の紀州人には耐えられたものではないです。

 さて、次はまた明日です。
 6月26日、夜半からしっかり雨だ。シトシトと長く降り続き、ようやく梅雨らしくなってきた。じめじめして鬱陶しいが、庭木に水をやらなくて済むのは助かる。

 受験勉強は通信添削が先週ですべて終わり、この週末から過去問に突入。過去5年間の試験問題を解いてゆくのだが、手強さを再認識させられる。通信添削の演習は全13回、ほぼ満点で終始したが、これはテキストの範囲内で出題されるから可能なのであって、範囲が限定されない本番の試験では通用しない。 過去問では初めて聞く専門用語や知らない鳥やキノコの名前がばんばん出てきて面食らった。それに加えて、問題の論述だ。

 例えば森林の科目では11問から12問の問題のうち4問が論述で、それぞれ平均300字で題意に沿った論旨の回答を書かねばならない。それ以外にも、100字程度の短文で答える問題もある。これを80分でこなすのだから、文章を書き慣れていない人には手に負えないだろう。

 とはいえ、何年分も解いてくると、段々要領がつかめてくる。いまは、森林と林業各5回分を解き終えて、今朝から野外活動の一年目に入ったところだが、解き方としては、まず最初の2~3分で問題を全体に見渡して、論述課題をざっと頭に入れておく。そのうえで8題ほどある選択問題や穴埋め問題に取りかかり、これを20分程度でやっつける。この選択や穴埋めではできるだけ満点近く、最低でも8割は得点したい。それから論述問題に取り組み、1題を10分で片付けてゆくと、全体が65分程度で終了するので、あとの15分を回答の見直しや論述の推敲に充てる。だいたいこのやりかたでこなせることが判った。

 「300字以内で」とか、字数の指定があるので、この字数に合わせるのが大変だろうと思っていたが、実際に書いてみるとわりとぴったりに収まる。これは、記者稼業で鍛えた作文感覚が効いているのかもしれない。字数は少々オーバーしても良いみたいだから、この方面については気にしないことにした。それより、とにかく知識の幅を広げることがやはり大事だ。それと、手書きできるよう漢字をしっかり覚えることと・・・

 世の中の動きではこの日曜日、参院選の前哨戦といわれる都議選があった。結果は自民公明の圧勝と民主維新の惨敗、そして共産の久々の躍進だ。投票率が大幅に下がって共産も票を減らしていることから、同党の一貫した反自民の主張が支持されたとは言い切れず、むしろ民主と維新が乱立して共倒れした結果、共産が漁夫の利を得た面が強いが、民主に代わって反自民の受け皿として印象づけられたことは確かだろう。これは、極端な右傾化に突進しようとするこの国の政治に対し、ブレーキがあることを示した点で貴重な成果だと思う。問題は次の参院選だ。




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。